自転車のペダル交換のやり方・必要な工具まとめ!コツやポイントは?

自転車のペダルの交換方法やコツ・ポイントを紹介します。自転車のメンテナンスは用品店にお任せしている人でも、ペダル交換方法さえわかればだれでも交換することができます。快適な自転車ライフを送るためにも、ペダル交換方法を覚えておくと便利ですよ。

自転車のペダル交換のやり方・必要な工具まとめ!コツやポイントは?

目次

  1. 快適な自転車ライフ送れてますか?
  2. 自転車のペダル交換は自分で出来る
  3. 自転車のペダル交換に必要な工具
  4. 新しいペダルはどこで手に入る?
  5. 新しいペダルの左右を確認してから交換に入ろう
  6. 自転車のペダル交換方法【外し方】
  7. 自転車のペダル交換方法【つけ方】
  8. うまく自転車のペダルが交換できないとき
  9. 自転車のペダル交換のコツ・ポイント
  10. 目的に合わせて自転車のペダルを交換するのも良し
  11. 自転車のペダル交換をする上での注意点
  12. 自転車のペダル交換は特にケガに要注意!
  13. いっしょに自転車のカスタマイズも行ってみよう
  14. 上手くペダルが交換できない場合には自転車用品店へ
  15. 新しいペダルに交換し快適な自転車ライフを

快適な自転車ライフ送れてますか?

通勤や通学、はたまた趣味などで自転車を日常的に使っている人は多いでしょう。しかしサドルやハンドルなど、きちんとメンテナンスされているでしょうか?自転車も使ううちに色々なところが劣化していきます。ペダルやサドル、ハンドルといった部分も、よく交換が必要な部分です。

快適な自転車ライフを送るためにも、こうした部品は劣化したと思ったらすぐに交換しなければいけません。特にペダルやサドル、ハンドルは手や足で直接触るものです。こうした部分が劣化していると快適な自転車ライフは送れませんよね。

今回はこの中でも「ペダル」に注目し、その交換方法をご紹介します。ハンドルと違って必要となる工具やコツがあるので、自己流で交換しないようにしましょう。またハンドルに比べてケガをする確率が高い場所なので、くれぐれもケガをしないように気をつけながら交換しましょう。

自転車のペダル交換は自分で出来る

あまり自転車や工具に詳しくないと、自転車の部品交換って手が出しにくいように思えますよね。またペダルってどうつけてよいか分からないので、難しいと感じてしまい、ついつい自転車用品店に交換を依頼してしまいます。

しかし自転車のペダル交換は必要な工具を揃え、交換方法やコツ・ポイントをよく熟知しておけば自分でも交換が可能です。初心者であっても、よく動画を見ながらポイントを押させて行えば交換することができます。

自分で交換できるようになれば、修理費や交換費用も掛からずに違う自転車用品を買うことだってできます。少しの節約にもなるので、興味があれば自分でペダルを交換してみましょう。必要となる工具もホームセンターやネットで購入することができますよ。

自転車のペダル交換に必要な工具

自転車のペダルを交換するときに必要な道具は①ペダルレンチ②グリスです。またペダルレンチの代わりに15mmのスパナでも対応可能な場合があります。スポーツペダルを使用している場合には5~6mmの六角レンチでも良いです。

グリスとは粘り気のある油のことです。自転車やバイク用品店やホームセンターなどで手に入るので、工具がない場合にはいっしょに購入しておきましょう。揃えておけば自転車のメンテナンスにも役立てることができます。

自転車の整備方法まとめ!自分でできる愛車のメンテナンスのやり方 | MensModern[メンズモダン]

新しいペダルはどこで手に入る?

工具の他にも新しいペダルが必要になります。新しいペダルはネット通販や自転車用品店、ホームセンターで購入することができます。ネットの方が楽で良いですが、なるべく見て触って選ぶ方が間違いはないので、余裕があれば用品店に行くことをおすすめします。

また自転車に詳しくない場合には自転車用品店で詳しい話を聞くのもアリですね。ペダルといってもさまざまな種類があり、例えば少ない力でも回せるものや通勤に最適なものなど目的に合わせたペダルに交換することも可能です。

凝ったものや効果の高いペダルはそれだけ高額になりますが、やはり快適な自転車ライフを楽しみたいのであれば多少値の張るものでも良いものを購入した方が良いでしょう。交換費用が浮いたと考えれば、ペダルにそのお金をつぎ込んでも良いですね。

自転車の空気の正しい入れ方は?おすすめのポンプと使い方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

新しいペダルの左右を確認してから交換に入ろう

ペダルって一見左右対象でどっちも同じように見えますが、実はきちんと右と左が決まっています。そのため方向を確認しないでつけようとすると、上手く固定できずに交換が失敗します。そのため新しいペダルは必ずどっちが右で、どっちが左かを確認するようにしましょう。

ペダルにはRもしくはLという文字が掘ってあります。これを間違えないように交換していきましょう。事前に右と左でそれぞれ置いておくと間違えずに済みますね。万が一間違えて、力任せに交換するとクランク側のネジ山が破損して、それこそ修理やクランチ交換になるので注意しましょう。

左右を間違えたくらいで~と思っていると、大きな出費に繋がることもあるので用心しましょう。また刻印が見つからない場合にはペダルの軸にギザギザがあるかどうかで判断しましょう。ギザギザがある方が左で、無い方が右となっているペダルが多いので、こちらも参考にして覚えておきましょう。※ない物もあります。

自転車の空気圧の目安は?正しい見方や適切な量・単位など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

自転車のペダル交換方法【外し方】

自転車の交換方法を手順を追って説明します。まずは外し方ですが、かなり年数が経っていると錆びてしまい外すのが困難になっていることがあります。このような場合には特に外すときに力が入り過ぎてケガをする恐れがあるので注意しましょう。

左ペダルから外してみよう

右のペダルは通常のネジと同じように外れますが、左ペダルは逆に回すと緩むようになっています。ペダルレンチをペダル軸のところにかっちりと挿し込み、クランクが回らないように足で固定しながらレンチを使いペダルを外していきます。左が外れたら右も同様に行います。動画は右からですが、外しやすい方向からで構いません。

右ペダルはケガに要注意!

右ペダルは回すとギアの歯に手があたる場合があります。特にギアがむき出しになっているタイプの自転車はギアと手が接触しないようにタオルなどを使ってケガをしないようにしましょう。また一気に回すのではなく、ゆっくりと回すことでケガを回避できます。足で固定しながら右手でブレーキをかけて自転車が動かないようにしましょう。

外れにくい時は潤滑油を使う

ペダルが固くて動かない場合には潤滑油を使って滑りを良くしましょう。またクランクアームとレンチをいっしょに持ち、ペンチなどを握るような感覚でいっしょに握るとクランクが回らずにペダルが外せます。固いペダルも回せるようになるので、潤滑油がない時はクランクアームといっしょに握ってみましょう。

自転車のペダル交換方法【つけ方】

左右のペダルが外せたら、次は新しいペダルをつけていきます。つけるときにはグリスが必要となるので、工具がべたべたにならないようにタオルなどを用意しておきましょう。また工具も必要になるので、外したから片付けるといったことがないように傍に置いておきましょう。

左からつけていく

まず左のペダルからつけていきます。Lと刻印されているかを確認し、ネジ山にグリスを塗っておきます。左ペダルは逆ネジです。そのため右に回すと緩むので左に回しましょう。また斜めにならないように気をつけながら手で回せるまで回します。最後に工具でしっかりと締めて完了です。右も同様に行います。

クランクが回る場合はクランクの位置に注意

クランクが回って取り付けにくいときはクランクの位置に注意しましょう。地面とクランクが平行になるような位置で行うとクランクが移動せずに取り付けることができます。また無理に力を込めて交換するとネジ山が潰れてしまい、新しいペダルに交換する羽目になるので気をつけましょう。

うまく自転車のペダルが交換できないとき

うまく自転車のペダルが交換できないときは、工具の角度を変えたり、クランクの位置を変えたりしてみましょう。特に角度はとても重要です。角度が悪いとクランクが回ってしまうだけでなく、上手く力を込めることができません。

交換する方のペダルとクランクを前にしたり、ブレーキを掛けながらペダルを回すなどもしてみましょう。上手く交換できないときは交換方法やペダルのネジ山が破損しているなど思いつく限りの点を見直してみましょう。

斜めに入れていないか、固定が甘くないかといった点もうまく交換できないときのチェック項目です。また新しいものであっても、稀に破損していることがあるので、ネジ山が破損していないかも確認しましょう。単に左右違いならすぐに直せますが、どうしても無理なら自転車用品店で交換してもらいましょう。

自転車のペダル交換のコツ・ポイント

自転車のペダル交換のコツとポイントを紹介します。ポイントをよく押さえてコツを使って楽に交換してしまいましょう!ペダル交換はコツを覚えてしまえばだれでも無理なく交換することができますが、くれぐれもケガには気をつけましょう。

ポイント①ペダルが回る方向をよく理解しよう

基本的なことですが、自転車のペダル交換のポイントはペダルがどちらに回るかをよく理解することが大切です。左ペダルは左に回すと締まる・右ペダルは右に回すと締まる。特に左ペダルは逆ネジになっていることを忘れないようにしましょう。

ポイント②工具は正しい位置、方向で使う

これも基本的なことですが、工具は正しい位置、方向に向かって使うようにしましょう。工具は正しい使い方をしないとケガの原因になりますし、上手く力が入りません。初めて工具を使う場合には、工具の使い方も併せて確認してからの方が安全に交換できるでしょう。

ポイント③グリスがないときは交換しない

滑りが悪くなるだけだろうと思い、グリスがなくてもまあいいかとそのまま交換しないようにしましょう。すんなりと交換しやすくするためにもグリスは必要です。急ぎの場合はネットよりも用品店で購入しておきましょう。

ペダルを上手く取り付けるコツ

ペダルを上手く取り付けるコツは工具をかならず使うことです。ペダルの取り付けは手で回してつけることができますが、きっちりと締め上げる事ができません。そのため手だけで取り付けてしまうと、こいでいるときにペダルが外れてしまうことがあります。最終的な締めは工具を使い、手だけで済まそうとしないようにしましょう。

目的に合わせて自転車のペダルを交換するのも良し

ペダルに使いづらさを感じているなら、目的に合わせてペダルを交換するようにしましょう。最近ではさまざまなニーズにこたえるべく色々なペダルが登場しています。種類も柄も、機能もさまざまなので、自分が求めるニーズで探してみましょう。

ペダルも軽いものから重たいものまでさまざまです。新しいペダルを購入するときに、どういった特徴があるかまで確認すると良いでしょう。ただし性能が良いペダルは値段も高いので、きちんと値段を確認してから購入してくださいね。

自転車のペダル交換をする上での注意点

ペダル交換をするときの注意点をまとめました。ペダル交換ではケガ以外にも気をつけなければいけないことがあります。コツやポイントをおさえることも大切ですが、同時に注意点で紹介することもよく覚えて間違わないようにしましょう。

力任せに取り付けない

ペダルが上手くハマらない、曲がってしまうからといって力任せに取り付けるようなことはしないでください。ネジ山が破損したり、クランクが破損するなど、思わぬ障害を生みます。最悪、自転車を修理することにもなるので、様子を見ながら取り付けるようにしましょう。

交換はひとつずつ丁寧に

ペダル交換もそうですが、他のメンテナンスも同時に行う場合にはひとつひとつを終わらせてから次に取り掛かるようにしましょう。一度に交換を行うと、左右が分からなくなったり、ケガをしやすくなったりとトラブルにつながります。

交換が終わったら試し走行をしてみよう

交換が終わったら少しの距離でも良いので試しに走行してみましょう。少しペダリングすることできちんと取り付けられているか、不具合はないかといったことが分かります。ペダリングしてみて何か違和感があるようなら、原因を突き止めメンテナンスしましょう。

自転車のペダル交換は特にケガに要注意!

自転車のペダル交換時は特にケガに注意して行いましょう。ペダル交換は方法さえ分かればだれでもできますが、力を込めてペダルを外そうとすればそれだけケガをしやすいです。手を地面にぶつけることもありますし、ギアにぶつけて皮膚がめくれることもあります。

そのためペダルを固定しながら交換することが大切ですし、ペダルが固い場合には誰かに手伝ってもらうことも必要になります。これくらい簡単にできると思って油断しているとすぐにケガをするので注意しましょう。

またケガをしてしまったときはすぐに手当をしましょう。ばい菌が入ると悪化し、化膿することがあります。自転車は泥なども付いているのでケガをしたときは少しの傷でもすぐに手当しておきましょう。

いっしょに自転車のカスタマイズも行ってみよう

ペダルを交換したときは一緒にハンドルやサドルも新しいものに替えてみましょう。一度にメンテナンスした方が楽です。またさび付いてしまっている場合には、錆び取りを使っておきましょう。自転車のメンテナンスは使う頻度が多いならとても大事ですよ。

他にもタイヤの空気を入れたり、パンクしてないかといった基本的なこともみておきましょう。いつでも快適に走れるように、使っている自転車は大切に扱ってあげましょう。またペダルを交換したときは、工具のしまい忘れに注意しましょう。

自転車のグリップを交換する方法は?外し方からつけ方までまとめ | MensModern[メンズモダン]

上手くペダルが交換できない場合には自転車用品店へ

ペダルの交換もすべての人が上手くいくわけではありません。中にはとても固くてペダルが外せない自転車や、角度が合わせにくく、しっかりと固定できないといったトラブルも発生するでしょう。そのような時には、無理矢理取り付けるのではなく、専門の方に頼むようにしましょう。

無理矢理取り付けると自転車を壊してしまうので止めましょう。ペダル交換費用は、ペダルを購入した自転車屋さんでなら工費が無料になることが多いですが、ネットなどで購入したものの場合は500円~1000円程度かかります。

大きな金額ではないので持ち込みをしても良いでしょう。また持ち込んだ際にはどうすれば簡単に取り外しできるかなどコツやポイントを専門家に聞いておくのも良いですね。

新しいペダルに交換し快適な自転車ライフを

新しいペダルに交換した時は、問題がないか走行してみましょう。グラグラと揺れたり外れたりする場合にはすぐに締め直しましょう。新しいものに交換するとつい嬉しくなりますが、きちんと正常に走れるかの確認は忘れないでくださいね。快適な自転車ライフのためにも、自転車のメンテナンスはこまめに行いましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ