暖かい季節になるとジャケットやスーツを脱いで持ち歩く人も多いと思います。持ち歩くときにかばんに入れて持ち歩くと思いますが正しいたたみ方をしないとシワになってしまいます。そこで今回この記事ではジャケットがシワにならないたたみ方をご紹介していきます!

ジャケットのたたみ方!綺麗でシワにならない簡単・時短方法解説

目次

  1. 脱いだジャケットをそのままにしていませんか?
  2. たたむ前にどんなことを準備するといいの?
  3. 基本的なジャケットのたたみ方とは?
  4. Tシャツやタオルをはさんで行うジャケットのたたみ方!
  5. 手軽にできるジャケットのたたみ方!
  6. 他にもこんなたたみ方がありますよ!
  7. ジャケットを綺麗にたたんだ後どうやってしまうといい?
  8. 出張時にジャケットがシワにならないためにできること!
  9. 出張時ジャケットはどこにしまうと安心?
  10. ジャケットにシワが!!そんなときはどうするといい?
  11. ジャケットのたたみ方をご紹介しました!

脱いだジャケットをそのままにしていませんか?

暑い季節になると脱いでしまうジャケットですが、脱いだらどうしていますか?多くの人が脱いだら脇や手に抱えて歩いていると思います。しかし、それは短時間ならいいですが長時間すると腕が疲れたり邪魔に感じてしまいますよね。

かといってそのままかばんに入れてしまうとシワがついたジャケットになりいざ必要なときにシワシワでだらしなくなってしまいます。そういうことを防ぐためにもシワにならないようにたたむことがとても大事になってきます!

たたむ前にどんなことを準備するといいの?

シワにならないようにたたむのをご紹介する前にまずはたたむときに準備するものをご紹介していきます!

場所を確保しよう!

いくらシワにならないたたみ方を知ってもそのままでいるとほどけてしまいます。まずたたむ前にジャケットを入れる場所を確保してからたたむようにしましょう!

ジャケットに巻きつけるタオルもしくはTシャツを用意します!

具体的には後ほどご紹介しますがスーツにシワがつかないようにスーツにタオルをはさんで行う方法をになります。そのためTシャツ2枚をたたんで用意しておきましょう!

基本的なジャケットのたたみ方とは?

では、ここからはジャケットのたたみかたをご紹介していきます!まずは基本的なたたみ方からご紹介していきます!

基本的なたたみ方その1:ジャケットをぬいでいきます。

まず、ジャケットを脱いでいきます!右手もしくは左手スーツの右もしくは左の裾をつかんで脱ぎます。右腕または左腕をつかんだまま右または左も脱いで袖を完全に1つにまとめてしまいます。

基本的なたたみ方その2:襟をつかみながら裏返します。

袖をひとつにまとめることができたら、そのまま襟をつかんで裏返します。そのまま1回おってさらにもう一度折ったら完成です!これが基本的なジャケットのたたみ方になります!簡単なので外出先でも挑戦してみてくださいね!

動画をみながらジャケットの基本的なたたみ方をマスターしてね!

動画を見ながら行うと簡単にできますよ!挑戦してみてくださいね!

Tシャツやタオルをはさんで行うジャケットのたたみ方!

では、今度はTシャツやタオルをはさんでたたむ方法をご紹介していきます!

方法その1:ジャケットをたたんでいきます!

まず、ジャケットをたたんでいきます。ジャケットを脱いだら片方の肩・袖・肩パッドを裏返します。そのまま裏返していない袖に裏返した袖を通していきます。このとき襟が織り込まれていないかチェックし、もし折り込まれていたら伸ばし、襟の表と裏をぴったりと合わせていきます!

方法その2:背中の生地を脇のラインにそって折り込んでいきます

ジャケットの背中の生地が脇のほうへ伸びているのでその脇のラインに沿って身頃のほうへ折り込んでいきます。折込んでいったら型崩れ防止にTシャツ、下着、フェイスタオルを入れておきます。

方法その3:他のクッションを芯にしながらジャケットを巻いていきます!

肩パッドにクッションを入れたら、今度は他のクッションをジャケットの幅と同じ大きさにしながら巻いていきます。この巻くとき袖も一緒に巻いていくことを忘れないでくださいね!シワがつかないように丁寧に巻いたらタオルを使ったTシャツの巻き方の完成です!連泊のときなどに使うのに便利な方法になります♪

手軽にできるジャケットのたたみ方!

タオルや基本的なたたみ方も簡単ですができればもっと簡単で綺麗にできる方法を知りたいという人もいると思います!そこでここではとても簡単でしかも綺麗なたたむ方法をご紹介していきます!

1.両肩に手を入れて背中を折っていきます

ジャケットを脱いだら両肩に手を入れます。そのまま背中を中心にして肩のラインがあるようにして中心を折っていきます。中心で折ることができたら今度は襟を立てて全体を伸ばしていきます。襟を伸ばして半分に折ったら綺麗で簡単なジャケットのたたみ方の完成です!

他にもこんなたたみ方がありますよ!

先ほどからいくつかジャケットのたたみ方をご紹介しています。実は他にもこんな簡単にできるたたみ方があるんですよ!ここでは簡単にたためる方法を動画付きでご紹介していきます!

たたみ方その1:スーツを傷めないたたみ方!

この動画はスーツとご紹介していますがジャケットにも使うことができる方法かなと思います。収納方法にもなりますので旅行や出張行くときに参考にしながらたたむといいかもしれませんね!

たたみかたその2:不器用さんでもできちゃう!?ジャケットのたたみ方!

こちたのたたみ方はとても簡単な方法なので不器用さんや時間が無いときにいい方法かなと思います!ちょっと一瞬で終わってるくらいあっという間ですがゆっくり何度か練習すると簡単な方法ですよ!

ジャケットを綺麗にたたんだ後どうやってしまうといい?

ジャケットを綺麗にたたんだ後持ち運ぶのにはどうしたらいいのでしょうか?せっかく綺麗にたたんでもしまうとき乱雑にしまってしまうとシワができてしまいあまり意味がありませんよね!そこでここではジャケットを綺麗にたたんだ後どうやってしまったらいいのかをご紹介していきます!

圧縮袋を使ってジャケットをしまうとシワがつきにくい!!

普通にしまってももちろんいいと思います。しかし、かばんの中がいっぱいでそのせいでジャケットがしわになってしまうということもあります。そういう時は圧縮袋に入れて持ち歩くといいそうですよ!”圧縮袋に入れたら掃除機とか必要でめんどくさいんじゃ?”と思いますよね。ここでの圧縮袋は空気を抜かないで使います。

なので脱いでたたんだら圧縮袋に入れてあとはジッパーを閉めるだけでOkなんですよ!空気が入ったままなのでかさばりますがその空気のおかげでシワをつけずにすむんですよ!ジャケットを脱ぐ季節に1枚かばんに入れておくと安心かもしれませんね!

出張時にジャケットがシワにならないためにできること!

どんなに綺麗にたたんでいてもちょっとした不注意でジャケットがシワになってしまうこともあります。特に出張時はジャケットを持ち歩くことも多いためシワになってしまったなんてことを経験したことあるのではないでしょうか?そこでここでは出張時にジャケットがシワにならないですむにはどうしたらいいのかをご紹介していきます!

ジャケットは最後にしまって、はじめに出す!

ジャケットを着たままの人もいると思いますスーツケースに入れて持ち運ぶという人もいると思います。実はスーツを含むジャケットは最後に入れて、最初にスーツケースから出すのがいいといわれています。というのも、あまり同じ状態のまま長時間そのままだとシワがつきやすくなってしまいます。

せっかく綺麗にたたんでもシワがつくなんてもったいないですよね!なので、荷造りした最後に入れて、荷解きするときの最初にハンガーにジャケットをかけておくとシワにならなくていいそうですよ!ちなみに、このとき多少シワがついていてもハンガーにかけておくとじゃ家えとの重みで軽いシワは取れるそうですよ!

出張時ジャケットはどこにしまうと安心?

それでは、今度は出張や旅行したときにジャケットをどこにしまうと安心なのかをご紹介していきたいと思います!どんなに綺麗にたためてもめちゃくちゃにしまってしまうとたたんだ意味がなくなってしまいますよ!

ジャケットは車輪から遠い場所に入れましょう!

旅行や出張でが多くの人がキャリーケースを使うと思います。このキャリーケース当たり前ですが縦にして運ぶと思います。縦にするということは上の荷物の重さが下の荷物にかかってしまいます。下に重いものを入れているのであれば問題ないですが、つぶれやすいものが下にあると崩れてしまいかねません。

ジャケットも同様で下にあるとどんなに綺麗にたたんでいてもシワになってしまいます。なのでジャケットをキャリーケースに入れる場合は、できるだけ上のほうに積むようにすることが大事になってきます。

においの強いものや液もれには十分に注意しよう!

スーツケースにチーズや珍味、香水などを入れるときは液漏れに注意しましょう!特に香水は蓋が外れやすいものもなかにはあり、スーツケースをあけた香水がもれていたということもあります。香水は少しならいい香りがしますがかけすぎてしまうとものすごい香りやシミにもなってしまいます!そうならたいためにもジップロックで密閉するなどの対策をとるようにしましょう!

ジャケットにシワが!!そんなときはどうするといい?

どんなに気をつけてジャケットをたたんでかばんなどにしまっておいてもちょっとしたことでシワがついてしまうこともあります!そこでここでは外出先でジャケットにシワが付いてしまったときにできる対処方法をご紹介していきます!

浴室などでにジャケットをつるそう!

これは出張や旅行のときにしか行えませんが、シャワーやお風呂はいったあとの浴室に30分ほどそこにジャケットをかけておきます。30分たったら、風通しのよい場所で陰干しをしておきましょう!ちなみに、冷たいのではなく暖かい湯気が帯びた状態に行わないとジャケットについたシワには効果がありません。また、浴室を乾燥させてもあまり意味が無いので注意してくださいね!

シワとりスプレーを使おう!

浴室にかけておく時間が無い場合は薬局などに売っている”シワとりスプレー”を使用するといいですよ!浴室の湿気同様に樹になる部分にスプレーをしそのまま干しておくだけでジャケットのシワをとってくれる作用があります!時間が無いときにはもってこいの方法ですね!また、においも取れるのもうれしいのではないでしょうか?

ジャケットのたたみ方をご紹介しました!

今回はジャケットの簡単で綺麗にたためる方法をご紹介しました!ジャケットって男性ファッションには欠かせないものですよね!ジャケットのたたみ方って難しそうに感じ手いると思いますが意外とコツをつかむと誰でも簡単にたたむことができちゃうんですよ!ぜひ、これからの季節たたみ方をマスターして見てくださいね!


評価 4.3/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ