相手に好印象を残すことができる会食のお礼メールの例文や工夫したいポイント、注意点についてまとめました。会食のお礼メールを送る場合は工夫をプラスして相手に好印象を与えることが大切です。会食のお礼メールの例文や注意点をチェックして相手に好印象を残しましょう!

会食のお礼メールを工夫して相手に好印象を!例文を使った注意点も紹介!

目次

  1. 会食のお礼メールで相手に好印象を残したい!
  2. 会食のお礼メールは相手に送るべき?
  3. 相手に会食のお礼メールはいつ送る?
  4. 会食のお礼メールの基本的な構成とは?
  5. 会食のお礼メールはどのくらいの長さが良い?
  6. 相手に好印象を与える会食のお礼メールの工夫は?
  7. 感謝の気持ちを会食のお礼メールで伝えよう
  8. 自分の感情をお礼メールで表すと相手に好印象を残せる
  9. 会食のお礼メールでは次回の事にも触れよう
  10. 会食のお礼メールで気をつけておきたい文例の注意点
  11. スマホから相手に会食のお礼メールを送る場合の注意点
  12. 社内の上司に送る会食のお礼メールの例文
  13. 社外の取引先の会食相手に送るお礼メールの例文
  14. 接待をした会食相手に好印象を与えるお礼メールの例文
  15. 工夫や注意点をチェックして会食のお礼メールを作ろう

会食のお礼メールで相手に好印象を残したい!

工夫が必要な会食のお礼メール

会食をした場合、その後に送るお礼メールは重要になります。しっかりと内容を工夫したお礼メールを送る事によって相手に好印象を残す事ができるので今後の相手との関係を構築するためにもお礼メールには工夫を加えておきたいですね。相手に好印象を与えられる会食のお礼のメールを送って、ステップアップにつなげてみてはいかがですか。

けれども、いざ会食のお礼メールを送ろうと思ってもなかなか良い文章が思いつかない事もありますよね。そんな場合には会食のお礼メールの例文や注意点をチェックしておくのがおすすめ。会食のお礼メールにふさわしい例文を見ておけばいざというときに役立ちます。避けておきたい注意点もしっかりと学んで、会食のお礼メールに役立てませんか?

相手に好印象を与える会食のお礼メールの例文や注意点をチェックしよう

「会食のお礼メールを作る時に役立つ例文をチェックしたい!」「会食のお礼メールを送る場合の注意点を知りたい」といった場合に役立つ会食のお礼メールの情報についてまとめました。相手が良い印象を抱いてくれるような会食のお礼メールはちょっとしたポイントをおさえることが大切です。良い例文をチェックして会食のお礼メールを作っていきましょう。

営業メールでの書き方の効果的なポイントを紹介!アポが取れるコツとは? | MensModern[メンズモダン]

会食のお礼メールは相手に送るべき?

会食のお礼メールはビジネスの基本として必要

そもそも会食をした後にお礼メールを送るべきなのでしょうか?答えはイエス。会食をした後にお礼メールを送ることは社会人として基本的なことになるのでしっかりとしたメールを作成して相手に送りましょう。会食をしたのにその後全く何の反応も示さないと相手に対して失礼になってしまうので気をつけておきたいですね。仕事をスムーズにするためにもメールは大切です。

相手に好印象を与える事で、その後の仕事にも影響する

相手に好印象を与えられるような会食のお礼メールであれば、今後の自分の仕事にも良い影響を与えることができます。「この人はできる人だな」と相手に思わせることで、仕事がうまくいくようになったり、昇格につながったりといったことにつなげることができるのではないでしょうか。また、お礼メールの質によっては仕事に良くない影響を与えることになるので気をつけましょう。

相手に会食のお礼メールはいつ送る?

次の日の午前中にはお礼メールを送ろう

それでは、会食のお礼メールはどういったタイミングで送ると良いのでしょうか。会食のお礼メールを送るのにベストなのが翌日の朝。会食のお礼メールはなるべく早めに送ることによって相手に対して誠意を伝えることができるので1日の仕事が始まる前にお礼メールは送っておきましょう。朝が忙しい場合は午前中に送れるようにしてくださいね。

遅くても翌日以内にお礼メールを送るのが鉄則

どうしても都合があってメールが送れない場合も会食の翌日中にはお礼メールを送りましょう。1日空いてしまうと相手に対して失礼になってしまうことがあるのでお礼メールを送ることを忘れずに意識しておきたいですね。メールが遅くなってしまった場合はメールが遅くなってしまったことを詫びる言葉も入れておくと安心ではないでしょうか。

ご尽力の意味とは?お力添えとの違いやビジネスメールで使える例文集 | MensModern[メンズモダン]

会食のお礼メールの基本的な構成とは?

挨拶やお礼の言葉から会食のお礼メールをはじめる

それでは、基本的なお礼メールの構成をチェックしていきましょう。お礼メールははじめに挨拶とお礼の言葉から入りましょう。社外の人なら「いつもお世話になっています」、社内の人なら「お疲れ様です」といったように相手によって挨拶の言葉は変えてくださいね。それから「昨晩はありがとうございました」というように会食に対するお礼を伝えます。

会食の思い出などを入れてしめる

会食でどのような話をしたのか、どんなものを食べたのかなど会食での思い出に軽く触れましょう。それから有意義な時間を過ごすことができたことに対する感謝の気持ちを伝え、締めの言葉で締めくくります。これが会食のお礼メールの基本構成。この基本に沿いながらオリジナル性もプラスし、会食のお礼メールを作っていきましょう。

会食のお礼メールはどのくらいの長さが良い?

短く簡潔にする工夫を加えよう

会食のお礼メールは無意味に長くする必要はありません。相手に対して感謝の気持ちを伝えられるように簡潔にまとめましょう。長すぎるメールは読み疲れしますし、忙しい仕事の合間に要点のわからないメールを送られても相手が困ってしまいます。好印象を残すためには簡潔でしっかりと相手に感謝の気持ちを伝えられるお礼メールにしてくださいね。

実際に相手に会った時にしっかりお礼をする工夫も大切

メールだけでなく、実際に会った場合に重ねてお礼をすることも大切になります。メールはあくまでも取り急ぎの連絡になるので、相手に会った時にまたお礼をすることによってしっかりと感謝の気持ちを伝えるのが重要なポイント。会食の話から他の話につなげることもできるので、そういった意味でもお礼をしながら相手とスムーズな関係を築くようにしましょう。

相手に好印象を与える会食のお礼メールの工夫は?

会食場所を褒める工夫が必要

会食のお礼メールで取り入れておきたいのが会食場所を褒める言葉。相手が会食場所を手配してくれた場合はそのことに対するお礼と会食場所で美味しい料理とお酒を楽しめてよかった、という気持ちです。相手がせっかく手配をしてくれたのにお礼メールでそのことに全く触れないと失礼になるので気をつけましょう。一言だけでも褒める言葉を入れておくと好印象です。

またぜひ行きたいという気持ちをこめよう

会食場所を褒めるのと同時に機会があったらまたいきたいという気持ちも伝えましょう。「有意義な時間を過ごすことができたのでまた機会があればご一緒させていただきたい」といったような文章を入れておくと相手に対しても好印象を残すことができるのではないでしょうか。相手が喜ぶことを中心に盛り込んでみてくださいね。

感謝の気持ちを会食のお礼メールで伝えよう

感謝の気持ちを入れることも会食のお礼メールでは必要

「昨晩はありがとうございました」「楽しい時間を過ごすことができ、誠にありがとうございました」といったように相手と会食をできたことに対する感謝の気持ちもお礼メールの中に入れておきましょう。感謝の言葉を入れておくことによって相手に対しても「良い時間を過ごせたな」という気持ちを起こさせることができるので、ぜひ入れておいてくださいね。

有意義な時間を過ごせた事を強調する

「有意義な時間を過ごすことができ、ありがとうございました」といったように相手との会食をすることによって自分にとって充実した時間を過ごすことができたという感謝の気持ちの伝え方が良いのではないでしょうか。相手との時間を大切にしているという印象を与えることができ、「またこの人を会食に誘おう」もしくは「また一緒に会食をしたい」という気持ちを起こさせます。

ビジネスメールのマナーは?失敗しない送り方や書き方をご紹介! | MensModern[メンズモダン]

自分の感情をお礼メールで表すと相手に好印象を残せる

画一的なお礼メールだと印象に残らない

失敗をしたくないからといってテンプレート通りのお礼メールだと味気なくなってしまいます。相手にも「何かのテンプレートを引用しているな」ということを悟られてしまうかもしれません。

感情表現をする工夫を加えよう

「お酒や料理も美味しく、充実した時間を過ごすことができました」「勉強になる話もたくさん聞かせていただき、有意義な時間を過ごすことができました」といったように感情を表す言葉も入れましょう。自分オリジナルの言葉を入れることで相手に対する誠意を伝えられます。

会食のお礼メールでは次回の事にも触れよう

次回は自分が招待したいという旨を伝える

もし、相手から会食に招待された場合は「次回はこちらからも招待させていただきますので、よろしくお願いいたします」といったように今度はこちらから招待するという旨も記載しておくのがおすすめ。社交辞令でもしっかり入れておきましょう。

相手に好印象を残そう

「楽しかったから次回も会食をしたい」という気持ちをこめることが大切。締めくくりには次回のことに関しても軽く触れておきましょう。

会食のお礼メールで気をつけておきたい文例の注意点

感謝の気持ちが伝わらない

会食への感謝の気持ちが伝わらないメールはNGな注意点。自分の感情も交えながら感謝をしっかり伝えていきましょう。

フランクすぎる

いくら会食で相手との距離が縮まったからといってフランクすぎるメールも注意点としてあげられるので気をつけましょう。オンとオフの使い分けがしっかりできる人こそ仕事ができると相手に好印象を与えられます。

スマホから相手に会食のお礼メールを送る場合の注意点

時間や仕事内容によってパソコンでメールを送れない場合もある

仕事内容によってはパソコンでメールを送れないことがありますよね。そんな場合は止むを得ずスマホからメールを送ってもOK。

「スマホからで失礼します」と一言入れるのが注意点

「業務の関係でスマホからのメールで失礼します」といったように一言添えておくと良いでしょう。取り急ぎお礼の気持ちを伝えたかった、という思いをこめてメールをすれば良いのではないでしょうか。

社内の上司に送る会食のお礼メールの例文

会えるのであれば直接お礼をした方が相手に好印象を残せる

それでは、実際にチェックしておきたい会食のお礼メールの例文を見ていきましょう。まずは社内の上司に送る場合の会食のお礼メールの例文です。社内の上司であれば、もし直接会えるのであればメールではなく面と向かってお礼を言いましょう。社内で会えるのにメールだけでお礼をすると失礼になってしまう事もあるので気をつけてくださいね。

上司が出張に出かけてしまったり、自分が外回りで上司を会う機会を作れない場合などにお礼メールを活用しましょう。なるべく早めにお礼をする事が大切なので、取り急ぎの意味を込めて上司に会食のお礼メールを送るのがおすすめです。メールを送った後に上司に会う機会があったら、重ねてお礼をしておくと丁寧で良い印象を残す事ができるのではないでしょうか。

勉強になったという気持ちをメールにこめよう

まずは「◯◯課長」といったように上司の名前からメールをはじめましょう。その後に「昨日は素敵なレストランに招待いただき、ありがとうございました」といったように会食に誘ってもらったことに対する感謝の気持ちを伝えます。続いて「美味しい料理とお酒をいただくことができただけでなく、有意義なお話も聞かせていただき勉強になりました」とまとめましょう。

会食場所を褒めるとともに有意義な時間を過ごせたことを強調したら、「本来なら直接お礼を言いたかったのですが、本日は◯◯のために在社しておりません。取り急ぎメールでのお礼になってしまい恐縮ですが、昨日のお礼を申し上げます」といったように社内で顔をあわせることができない理由とお礼の気持ちを伝えて完成です。

社外の取引先の会食相手に送るお礼メールの例文

件名は「食事会」にする工夫を加えよう

続いて社外の取引先の会食相手にお礼メールを送る場合の例文についてチェックしていきましょう。社外の人との会食のお礼メールを送る場合は、件名は「飲み会」ではなく「食事会」にするのがおすすめです。飲み会と表現するとフランクな印象になってしまうことがあるので、食事会にしたほうが上品な雰囲気のメールに仕上げられるのではないでしょうか。

件名は「食事会のお礼」「昨晩の食事会ではありがとうございました」といったように食事会を使った言葉でまとめていきましょう。メールの内容がすぐにわかるように簡潔な懸命にすることも重要なポイント。大切な社外の取引先に良い印象を与えられるように特に気をつけてメールを作成してくださいね。

失礼のないように無難な内容でまとめる

「いつもお世話になっております」といったようにメールをはじめましょう。「昨晩は食事会に招待していただきありがとうございました。美味しい食事とお酒といただいただけでなく、皆様と有意義な時間を過ごすことができたことをお礼申し上げます」といったように昨晩の会食が有意義な時間だったということを入れてくださいね。

「またの機会にぜひお返しをさせて頂いたら幸いです」といったように今後にお返しをしたいということを伝えましょう。「今後ともよろしくお願いいたします。メールにて失礼いたしますが、昨晩は誠にありがとうございました」と言ったように今後の取引と昨晩の感謝の気持ちを伝えてメールをしめくくったら完成です。

接待をした会食相手に好印象を与えるお礼メールの例文

接待相手が会食に応じてくれたことを感謝する工夫をプラス

続いて、相手を接待した時に送っておきたい会食のお礼メールについて見ていきましょう。接待をした会食相手にしっかりと好印象を残せるお礼メールを送ることによって今後の取引にも大きな影響を与えていくので慎重にメールを作成していきたいですね。取引先を接待した場合は、会食に来てくれたことに対するお礼の気持ちを伝えることが大切になります。

「いつもお世話になっております」からはじめたら「昨晩はお忙しい中、お越しいただきありがとうございました」といったように相手が忙しい中で時間を作ってくれたことに対するお礼を記入します。相手はいろいろな予定がある中でこちら側の会食に応じてくれたので、そういったことに対する感謝の気持ちをしっかり伝えるのがポイント。

今後の付き合いをよろしくお願いするメールにしよう

「◯◯様や△△様と楽しく有意義な食事会をすることができ、ありがとうございました」といったように相手との有意義な時間を過ごすことができたことを入れていきましょう。「メールにて恐縮ですが、取り急ぎ昨晩のお礼を申し上げたく存じます」といったようにメールでのお礼になったことを詫びながらお礼の気持ちを伝えます。

最後は「今後ともお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます」といったように今後の付き合いをお願いする言葉でメールを締めくくります。相手との関係を良好なものにできるように簡潔に感謝の気持ちを伝えていきましょう。

工夫や注意点をチェックして会食のお礼メールを作ろう

会食のお礼メールは意外と大切なポイント。相手に誠意が伝われるメールを送ってくださいね。


評価 3.7/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ