バイク用手袋・グローブはどう選ぶ?夏用冬用など種類別おすすめランキング

バイクに乗る時にかかせない手袋。安全面でも操作面でも手袋をはめていると全然違ってきます。バイク用のグローブは季節によって変わります。冬用とそれ以外の季節用で分けて持っている人が多いようですよ。おすすめの手袋を季節別に調べてみました。

バイク用手袋・グローブはどう選ぶ?夏用冬用など種類別おすすめランキング

目次

  1. バイクは素手では乗らないで!
  2. バイクの種類によってはめる手袋が違う!?
  3. 季節によって違うバイク手袋
  4. 夏用バイク手袋の特徴
  5. 冬用バイク手袋の特徴
  6. バイク乗りには必須ブランド:RSタイチ
  7. 人気ブランド:FOX
  8. 信頼性も高いブランド:KOMINE
  9. バイク小物メーカー:ゴールドウィン
  10. やっぱり冬も:KOMINE
  11. 安心のブランド:RSタイチ
  12. その他注目度の高い手袋
  13. おしゃれメンズにおすすめバイク用革手袋
  14. 冬用電熱バイク手袋とは
  15. ハンドルカバーで手袋の効果をUP!
  16. バイクの手袋は機能性重視で選ぼう

バイクは素手では乗らないで!

温かい季節バイクに乗る時に、素手て乗っているひとを見かけますがぜひバイク用手袋(グローブ)をすることをおすすめします。ビッグスクーターが流行ったため、スクーターではクラッチ操作がないため、手袋の必要があまりないからかもしれません。

ですが、バイクに乗る時は必ず手袋をするようにしてください。一番の目的は手を保護することです。普通に道でこけても擦り傷はさけられませんよね。バイクの速さで走行していて、こけたときのことを想像してください。アスファルトは硬くてざらざら。おろし金状態なので、バイクでこければかなりの負傷はさけられません。

バイク手袋は手を保護する重要な役割をしているのです。また冬寒い時期は保温効果もありますし、クラッチやブレーキの操作を長時間おこなうと、素手と手袋では疲れも全然違ってくるんですよ。本物バイク乗りなら必ず手袋をして乗るようにしましょう!

バイクの種類によってはめる手袋が違う!?

バイクの種類によって、はめる手袋は違うのでしょうか。どのバイクにどの手袋、という決まりはありません。ですが、バイクの種類やデザインと合う手袋というのはあるのです。スポーツバイクやネイキッドバイクであれば、どのような手袋でも合わなくはありません。

アメリカンバイクや、クラシックフォルムのタイプ、もしくはスクーターなどはシンプルな革の手袋が合うでしょう。スポーツタイプのプロテクターなどが付いているようなグローブは、デザイン的に合わないようです。もちろん気にならない人は、好きな手袋を選ぶとよいですよ。

季節によって違うバイク手袋

そんなバイク手袋ですが、寒い時と暑いときではやはり素材などが違ってきます。年中使える手袋、革タイプもありますが夏は蒸れて少し暑いでしょう。やはりメッシュタイプの手袋が夏向きです。冬は防寒として手袋をしていないと手先から冷えて操作しにくくなります。

夏の手袋は、はめているときの涼しさと安全性、両方を兼ね備えたものがおすすめです。冬の手袋は防寒と安全性両方がほしいですね。季節によって服を着替えるように、手袋も着替える必要があります。最初に書いたように、暑いからといって素手で乗ることはやめてください。必ずバイク手袋を着用しましょう。

夏用バイク手袋の特徴

夏用バイク手袋の特徴は、涼しくて蒸れない、というのが一番でしょう。そして手を守る安全性ももちろんチェックしましょう。材質は革製もありますが、夏向けバイクグローブはナイロンが多くなっています。通気性を考えるとメッシュタイプが多いためでしょう。

ナイロン製バイク手袋は乾きやすく軽量で、手頃な価格で買うことができます。夏は突然の夕立などがあるので、濡れてもすぐ乾く手袋の素材は助かります。手入れもいらないので、ヘビロテでバイクグローブを使う人にはおすすめです。

バイク用革製手袋は高級感がありナイロンタイプよりは高価になります。使うほどにグローブに味が出てくるので長く使って楽しめる素材です。ですが雨に弱いので、夏の夕立などで濡れた場合きちんと手入れをしないといけません。乾きにくいのもデメリットと言えるでしょう。

冬用バイク手袋の特徴

冬のバイク手袋の特徴は、風を通しにくく温かいことです。夏の手袋と違って通気性があまりよいと、手が冷えて操作しづらくなるので注意が必要です。とはいえ手袋で手が蒸れるのは困りますので、透湿防水が理想的です。また冬は手首までカバーするロングタイプがおすすめ。

手首を露出すると寒さが袖から入ってくるので、ロングタイプ手袋が多いのですが、長いのが苦手な人はミドル丈やショートの冬用手袋もあります。インナーボアがついているとより温かく、指先の冷えも軽減されます。冬は手がかじかむと事故の危険性につながるので必ず温かい素材の手袋を選びましょう。

バイク乗りには必須ブランド:RSタイチ

夏用バイク手袋(ショート)おすすめ第3位

夏用バイク手袋おすすめ第3位は、RSタイチのベロシティメッシュグローブです。甲のカーボンプロテクションも丈夫で柔らかく、バイクの操作もしやすく評判が高い手袋です。価格が少し高めなのですが、縫製がしっかりしていて耐久性を考えると納得の価格です。

バイク手袋としてプロテクション機能は充実しているにもかかわらず、メッシュ素材で通気性がよいので人気が高い手袋です。ですがデザイン的にはスポーツバイクやネイキッド向けなので、アメリカンやスクーター乗りには向いていないようです。

人気ブランド:FOX

夏用バイク手袋(ショート)おすすめ第2位

夏用バイク手袋おすすめ第2位は、FOXのオフロードグローブです。この手袋は軽量化された手袋で、夏場長くバイクに乗っても疲れにくくなっています。通気性が抜群のバイク手袋で、長時間はめていても蒸れにくい構造です。

オフロードと名前は付いていますが、オフロードバイク以外のバイク手袋としても活躍させることができますよ。オフロードということで手袋の耐久性はお墨付きですし、ごつごつしていないのでシンプルなデザインが好きな人に人気です。

信頼性も高いブランド:KOMINE

夏用バイク手袋(ショート)おすすめ第1位

夏用バイク手袋おすすめ第1位は、KOMINEのプロテクトメッシュグローブブロッカです。インナーナックルガードがついていて安全面では安心の手袋です。また通気性もよく夏場のバイクライディングには向いています。お値段もお手頃なので、売れ行きが高くおすすめ第1位!

この手袋は掌に羊革とメッシュを使用し、通気性がよく耐久性も高くなっています。プロテクター部分がごつく見えますが、実際はめてみると柔らかく操作しやすく、怪我から手を守れる安全なバイク手袋です。

バイク小物メーカー:ゴールドウィン

冬用バイク手袋(ロング)おすすめ第3位

冬用手袋のおすすめ第位は、ゴールドウィンのゴアテックスライディングウォームグローブです。ゴアテックスは手袋の中でも人気の素材でラインナップも豊富ですが、ゴールドウィンの冬用バイク手袋は他にもいい所がたくさんあります。裏地は温かい素材が使ってあり、甲側はボアで掌側は起毛トリコットと操作性も考えた2素材使いです。

冬のバイクは指先から冷えてくるので、指先は2重構造で防風効果アップさせています。さらに転倒時に指の関節を守る指関節ガードも加わって、機能性が高いバイク手袋になっています。お値段はそれなりにしますが、手袋の温かさと安全性を考えれば納得の価格です。

やっぱり冬も:KOMINE

冬用バイク手袋(ロング)おすすめ第2位

冬用手袋おすすめ第2位は、KOMINEのプロテクショングースダウングローブです。安定のブランドKOMINEの、中綿にグースダウンを使用したロングタイプのバイク手袋です。甲と掌部分にカーボン製プロテクターを使用していて、安全面でも高機能の手袋です。

この手袋はプロテクターを備えているのに、柔らかく操作しやすいのも特徴的ですよ。ネオプレーンカフを袖裾につけることで、冷気が服の中に入ってくるのを防ぐことができます。防水透湿素材なので、手の蒸れを防ぎます。見た目ごつく見えますが、立体裁断で指の動きや手の動きもスムーズ。機能性と安全性と温かさを実現したバイク手袋です。

安心のブランド:RSタイチ

冬用バイク手袋(ミドル)おすすめ第1位

冬用手袋おすすめ第1位は、RSタイチのステルスウインターグローブです。冬用のロングカフが苦手という人に、ミドルカフで防寒性の優れた手袋なのです。防水性が高い上に、湿度調節が可能なのな手袋で冬でも蒸れをふせいで快適にバイクに乗ることができます。

この手袋は防寒はもちろん優れていて、指先のごわごわ感がなくバイクの操作しやすいところも人気の理由です。寒い時期バイクに乗る時に、手袋がごわついて操作しにくいことがあるのですが、そのようなことがない手袋です。デザインもシンプルなので、バイクの種類も選ばない手袋と言えます。

その他注目度の高い手袋

ヒメジグローブの自衛隊防寒グローブが注目度No.1です。バイク手袋ではありませんが、自衛隊用というだけあって、耐久性と防寒性に高い期待が持てますよね。防水と防風はばっちりですが、温かい素材というわけではないので温かさを求める人には向いていないかもしれません。

コミネのネオプレーングローブは、ウェットスーツに似た素材で水に強くグリップ力も濡れても落ちないので安全です。指先まで動かしやすい素材は、バイク乗りにはとても重要なポイント。短時間のバイク通勤通学にはぴったりです。急な雨でも濡れることがこわくない手袋。価格が超お手頃なので、1つ持っていると便利ですね。

おしゃれメンズにおすすめバイク用革手袋

バイク用手袋となると、プロテクターのような感じになったりスポーツバイク系向けが多くなります。ですが、アメリカンバイクやクラシックスタイルのバイクには合わないですよね。おしゃれバイク乗りには革のグローブでおしゃれなものをおすすめします。

リード工業

リード工業マルチタッチグローブ(ショートタイプ)は、夏以外オールシーズン使えるバイクグローブです。なんと特殊導電加工を施してあって、バイク手袋のままスマホの操作もできる仕様です。便利ですよね。手の平と手の甲が違う色で2色使いなのがおしゃれですよ。スマホ操作はバイクを降りてからしましょう。

KADOYA

バイク用革手袋と言えばカドヤという人も多いのではないでしょうか。シンプルなブラック革手袋で、ショート丈の手袋は服装もバイクも選ばないので人気です。上質な牛革をつかっていて、フィット感はもともとばっちり。はめるほどにより手に馴染んで愛着もわいてきます。KADOYAの手袋はどれも長く使えるのに価格は親切で、コスパもよいですね。

KADOYAのパンチングメッシュグローブは、ハーレーなどのアメリカンバイクやクラシックスタイルのバイクにも合うデザインのグローブです。夏用にメッシュになっているので、通気性も抜群ですよ。

HANDLE KING

ハンドルキングのラムスキンライディングレザーグローブは、春と秋向けのバイク手袋です。インナーに裏起毛素材をつかっているので温かくさらっとはけます。キャメルカラーは人気色で、おしゃれバイク乗りメンズには注目度が高くなっています。

またキャメル以外にも、黒、紺、茶、赤といったおしゃれカラー目白押し。素材は羊革で、水に弱いので雨に当たらないよう水に濡れないよう注意が必要です。バイク用革手袋はすべてそうですが、手入れをきちんとしないとぼろぼろになるので、手入れがきちんとできる人向けと言えます。

冬用電熱バイク手袋とは

冬用のバイク手袋で温かさでいうと電熱手袋が最強に温かいアイテムです。短時間のバイク通勤や通学なら必要ありませんが、長い時間バイクに乗る人にはかなりの効果を発揮します。本物の(!?)バイク乗りは冬でもツーリングに出かけてしまったりします。

寒い日のバイクは、最初はいいのですが次第に指先から冷えてクラッチ操作などがしにくくなってきます。冷える前に休憩が必要になります。電熱バイク手袋があれば、手先の冷えから守ることができるんですよ。デザインを選べるほど種類はありませんが、各メーカー取扱いがあります。

バッテリーをバイクウエアのポケットに入れるので、重量があることと手袋自体も重たくなります。でもバイクを降りても温かいですし、バッテリーをはずしてもウィンター手袋として使うことができます。またインナー手袋で充電式の電熱バイク手袋があります。

めちゃヒート充電式電熱インナーグローブは、充電式でバッテリーがバイクグローブにセットできます。線をつながなくてよいので、動きやすく人気です。 薄くて軽くて動かしやすいので、上からグローブをはめても操作性は落ちません。今もっている冬用バイクグローブに使えるので、追加アイテムとしておすすめですよ。

ハンドルカバーで手袋の効果をUP!

電熱グローブにプラスハンドルカバーをすれば、バイクでは完全防寒となります。手に風があたることで冷えがさけられないので、ハンドルカバーはかなり効果が高いです。おじさんっぽくて嫌だ、という気持ちはわかりますが毎日のバイク通勤などで使用されるなら装着すると全然違いますよ。

大阪繊維資材ネオプレーン防寒防水ハンドルカバーブラックは、保温性抜群でおおげさすぎないデザインで、さりげなくバイクにハンドルカバーをつけたい人にはおすすめです。サイドリフレクターもついているので、夜間のバイク走行で横からの車が気づきやすい設計です。スクーターから大型バイクまで幅広い車種に取り付け可能なのも嬉しいですね。

電熱手袋と合わせて完全防寒してみましょう。バイクにグリップヒーターが付いている場合は、電熱手袋は必要ありませんので、そのままハンドルカバーを装着すればかなり寒さと冷たさが軽減されます。バイクに乗らざるを得ない人には、恥ずかしさより温かさを選択することをおすすめします。

バイクのグリップの交換の仕方は?効率的な取り付け方やコツを紹介 | MensModern[メンズモダン]

バイクの手袋は機能性重視で選ぼう

バイク手袋は思っているより種類が豊富であることがわかっていただけたかと思います。なにより安全のためが最優先なので、機能性を重視して選んでほしいと思います。とはいえおしゃれメンズはダサいのは嫌。革製バイク手袋を選べばおしゃれなデザインもありますし、機能性重視の革製もあるのでよく探して選ぶと納得いく買い物ができますよ。

最近のバイク手袋は、はめたままスマホやタブレット操作が出来るものが増えています。走行中の操作は禁止されていますので、バイクを降りてからもしくは停車してから操作してくださいね。くれぐれも安全で楽しいバイクライフを送ってください。

バイク用の靴・ブーツの選び方は?メンズにおすすめのブランドも紹介 | MensModern[メンズモダン]
バイクの防寒におすすめのグッズを厳選!対策アイテムを徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ