おしゃれなドームテントが初心者の方にも人気です。今回は、キャンプなどイベントで活躍してくれる人気のドームテントをランキング形式でご紹介します。初心者にも安心して使うことができるドームテントや、おしゃれなドームテントなどもありますので参考にしてみてください。

ドームテントの人気ランキング!おしゃれで初心者にも安心なモデルを紹介

目次

  1. テントの定番!ドームテントでキャンプライフを楽しもう
  2. ドームテントの魅力とは
  3. ドームテントの選び方3つのポイント
  4. 初心者にも安心なドームテントの人気ランキング発表!
  5. 10位:アメニティドーム(スノーピーク)
  6. 9位:プロモキャノピーテント5(キャンパーズコレクション)
  7. 8位:EARTH DOME 270 Ⅱ(ホールアース)
  8. 7位: BCクロスドーム270(コールマン)
  9. 6位:HOZ(小川キャンパル)
  10. 5位:レラドーム 4(モンベル)
  11. 4位:neos PANELスクリーンドゥーブル XL(ロゴス)
  12. 3位:AIRE(小川キャンパル)
  13. 2位:ムーンライトテント(モンベル)
  14. 1位:タフワイド(コールマン)
  15. 番外編:ワンタッチで設営できるドーム型テント
  16. 番外編:大型ドームタープ
  17. え!これもテント?おしゃれなドームテントも登場!
  18. ドームテントでアウトドアライフを楽しもう

テントの定番!ドームテントでキャンプライフを楽しもう

居住性のあるドームテントでくつろぎタイムを

キャンプを楽しむポイントの1つにテント選びがあります。ソロでもカップルでも、もちろんファミリーでも、居住性がありしっかり睡眠をとることができるテントを選びたいもの。おしゃれなデザインや機能性の高さなども選択の基準になりますね。今回は、初心者の方にもおすすめのドームテントをご紹介します。

ドームテントの魅力とは

ドームテントは天井が高い

まず、ドームテントの魅力を考えてみましょう。第一にあげられるのは、天井が高いこと。ドームテントは、三角形のテントに比べると、屋根の形が丸みのあるおしゃれなドーム型になっています。そのため、天井が高く広く感じられるのです。居住性が高まり、ゆったりとしたテントライフを楽しめます。

機能面のバランスが良い

続いての魅力は、機能面でのバランスの良さ。上述のようにドームテントの丸みのあるシルエットは、風に強いという特徴があります。また、ドームテントを構成しているのはインナーテントと呼ばれる本体とフライシート、ポールの3つのパーツ。コンパクトに収納できるので、持ち運びも便利です。

設営時間の短さ

初心者の方が一番気になるのは設営と撤収のやり方ではないでしょうか。ドームテントは、比較的簡単に設営・撤収できるタイプのテントです。基本的な流れは、テントを広げる→ポールをテント本体に接続する→ポールをクロス状に組み立てる→テントの四隅にエンドピンに差し込む→テントの上からフライトシートを被せる→フライシートのロープを引っ張ってペグで固定する、というものです。

プラスアイテムでアレンジも可能

ドームテントの選び方3つのポイント

1.耐水圧

ドームテントに限らず、テントの選び方で大切なポイントは耐水圧。耐水圧が低いと、雨が内側にしみ出てくることがあります。おすすめは2,000mm以上。安心できる目安は1,500mmです。テントの上にかぶせるフライシートとともに、ドームテント自体の耐水圧を確認することをお忘れなく。

2.サイズ

ドームテントを選ぶ場合は、サイズもポイントになります。ソロキャンプが中心なのか、ファミリーキャンパーなのかでも適したサイズは異なりますね。大きなサイズは居住性が高まりますが、反面重量が増えてしまうのでバランスを考えて選ぶようにしましょう。おすすめのサイズは、インナーテントの床が270cm×270cmから300cm×300cm程度です。

3.メーカーと値段

初心者の方がドームテントを購入する場合、メーカーや値段も気になるところ。同じようなドームテントでも、本格的な登山用のハイスペックなテントとキャンプサイトでのファミリーキャンプ用のベーシックテントでは、価格が3倍ほど違うこともあります。初心者の方は、まずベーシックメーカーのテントから始めてみるといいでしょう。

初心者にも安心できるベーシックメーカー

キャンプサイトでもよく見かける定番メーカーの多くはベーシックメーカーに分類されます。高品質で手ごろな価格のテントがそろうベーシックメーカーの代表は「Coleman(コールマン)」。ほかに、「Logos(ロゴス)」や「Doppel Ganger(ドッペルギャンガー)」、「Quechua(ケシュア)」などが人気です。

いつかは欲しい!憧れのハイスペックメーカー

初心者の方が最初に購入するドームテントとしては高価なものが多いハイスペックメーカー。けれど、その機能の高さは折り紙付き。メーカーによっては、初心者向けのレジャーテントをリリースしていることもありますので、予算と相談してみてはいかがでしょうか。人気の高いハイスペックメーカーは、「Snow Peak(スノーピーク)」や「mont-bell(モンベル)」「Ogawa-Campal(小川キャンパル)」などです。

初心者にも安心なドームテントの人気ランキング発表!

ドームテントはキャンプスタイルや参加人数、予算に合わせて選びたい

それではここから、初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントをランキング形式でご紹介していきましょう。上述したベーシックメーカーのものが中心ですが、中にはハイスペックメーカーのレジャーテントも含まれています。どのようなスタイルのキャンプをしたいのかをイメージし、人数や予算なども合わせて参考にしてみて下さい。

キャンプ用テントの人気ランキング!初心者におすすめの物も! | MensModern[メンズモダン]

10位:アメニティドーム(スノーピーク)

室内高120cmで風に強いロングセラードームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第10位は「snow peak(スノーピーク)」の「アメニティドーム」。ロングセラーを誇るドームテントで、初心者からヘビーユーザーまで幅広い層に支持されています。耐水圧は1,800mm。3名用のS(27,600円)、5名用のM(32,800円)、6名用のL(44,800円)と3サイズ展開です。

9位:プロモキャノピーテント5(キャンパーズコレクション)

初めてのファミリーキャンプ用テントにおすすめ

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第9位は、「キャンパーズコレクション」の「プロモキャノピーテント5(13,679円)」。アウトドアアイテムの「山善」のブランドです。定員が4人から5人なので、ファミリーキャンプにもおすすめ。耐水圧は1000mmとやや低めですが、初心者の方が初めに買うドームテントとしてなら合格ラインでしょう。

8位:EARTH DOME 270 Ⅱ(ホールアース)

設営しやすくおしゃれなルックスのドームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第8位は「Whole Earth(ホールアース)」の「EARTH DOME 270 Ⅱ(29,000円)」。定員は4人から5人。フライシートの耐水圧は3000mm、インナーテントの耐水圧は1000mmです。ベージュイエローのカラーリングがレトロでおしゃれなドームテントとして人気を集めています。

7位: BCクロスドーム270(コールマン)

初心者人気の高いベーシックドームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第7位は「Coleman(コールマン) 」の「BCクロスドーム270(21,600円)」。定員は4人から5人で耐水圧は1500mm。2本のメインポールをクロスさせてテント本体に通す方式なので、初心者の方も安心して設営することができます。コストパフォーマンスのいいドームテントといえるでしょう。

6位:HOZ(小川キャンパル)

個性的でおしゃれなルックスが魅力の2人用ドームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第6位は2015年に「キャンパルジャパン」に事業を委託した「OGAWA CAMPAL(小川キャンパル)」の「Hoz(ホズ)」。定員2名のコンパクトサイズです。定価は64,800円とやや高価ですが、天井が透明パネルになっているおしゃれなデザインと耐水圧1800mmといった機能性を兼ね備えています。

5位:レラドーム 4(モンベル)

インナーテントはメッシュ生地を採用!

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第5位は、「mont-bell(モンベル)」の「レラドーム4(28,000円)」。定員は4人。フライシートの耐水圧1500mm、フロアシートの耐水圧2000mmとなっています。コンパクトで持ち運びも楽。何よりインナーテントがメッシュ生地なので、夏場も蒸れずに快適です。

設営も簡単にできる点も人気

「レラドーム」は、設営自体も簡単です。慣れると10分前後でOKとのことですので、初心者の方も安心ですね。テント本体とともに、ペグやポールをバッグに入れた総重量が3.24kgと軽量な点も嬉しいところ。バイクや自転車でのツーリングなどでも人気の高いドームテントです。

4位:neos PANELスクリーンドゥーブル XL(ロゴス)

初心者にも安心の2ルームドームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第4位は、「LOGOS(ロゴス)」の「neos PANELスクリーンドゥーブル XL(59,000円)」。定員5名の居住エリアは吊り下げ式のインナーテントになっています。天上高2mの前室はリビングとして活用可能。耐水圧はフライシートが2000mm、フロアシートは3000mmです。

ブランド公式Youtubeチャンネルもチェック!

こちらは「ロゴス」の公式Youtubeチャンネルで公開されている「neos PANELスクリーンドゥーブル XL」の紹介動画。ほかに、設営方法や撤収方法をまとめている動画もありますので、チェックしてみましょう。

3位:AIRE(小川キャンパル)

2017年発売のニューフェース!

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキングもいよいよTOP3。第3位は「OGAWA CAMPAL(小川キャンパル)」の6人用ドームテント「AIRE(アイレ)」です。耐水圧は1800mm。テントの前後は大型のメッシュパネルになっていて、風通しも抜群。大きなサイズであることとハイスペックメーカーであるため定価は73,440円とやや高価です。

天井高は184cmあるので背の高い方にもおすすめ

「アイレ」の天井高は184cm。背の高い方にもおすすめできるドームテントです。居住部分のスペースは300cm×300cmなので、テント内でゆったりとくつろぐこともできますね。ブラウン×サンドのカラーリングは、落ち着きのあるレトロシックな雰囲気がおしゃれと好評です。

2位:ムーンライトテント(モンベル)

6サイズもの展開があるドームテント

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング第2位は「mont-bell(モンベル)」の「ムーンライト」。1型・2型・3型・5型・7型・9型の6サイズ展開で、定価は22,000円から88,000円までになっています。ファミリーキャンプのためのドームテントをお探しの場合は、5型がおすすめです。

設営がスムーズにできるロングセラーテント

「ムーンライト5型(47,800wン)」の耐水圧は、フライシートが1500mm、フロアシートが2000mmです。グリーンとアイボリーの2色展開になっているので、お好みのカラーをお選びください。「ムーンライト」は、「モンベル」のテントの中でも歴史の長いロングセラー。月明かりの下でもスムーズに設営できるほど簡単な構造が特徴です。

モンベルのテント評価・評判まとめ!実際の使い心地はどうなの? | MensModern[メンズモダン]

1位:タフワイド(コールマン)

ドームテントの基本といえば、これ!

初心者の方にも安心しておすすめできる人気のドームテントランキング、堂々の第1位は「Coleman(コールマン)」の「タフワイドドーム」。いくつかのバージョンがありますが、ファミリーキャンプ用であれば、定員が4人から6人の「タフワイドドーム IV/300(39,744円)」がおすすめです。「ドームテントの基本」「定番」と呼ばれるほど多くの人に支持されています。

公式動画で設営方法をチェックしよう

こちらは「コールマン」のYoutube公式チャンネルにて公開されている「タフワイドドーム」の設営方法を説明している動画。初心者の方は、キャンプに出発する前にぜひチェックしてみてください。「タフワイドドーム」の耐水圧は2000mm。テント本体に、インナーシートとグランドシートがセットされた「スタートパッケージ(48,384円)」もあります。

登山テントのおすすめ10選!初心者のための選び方・張り方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

番外編:ワンタッチで設営できるドーム型テント

ファミリーキャンプ向けにもおすすめのワンタッチテント

番外編としてご紹介するのは、ワンタッチで設営できるドームテント。上述のようにドームテントは設営時間が短く簡単なものが多いのですが、中でもワンタッチタイプは15秒で設営が完了できるというものまであります。こちらは「DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)」の「プレミアムワンタッチテント」。定員5名のゆったりしたドームテントです。

大人2人であっという間に設営完了

「プレミアムワンタッチテント」は2017年にデザインや機能が一新されました。定価は40,964円ですが、各サイトでは売り切れが続出している様子です。耐水圧はフライシートが2000mm、フロアシートが5000mm。天井高は190cmもあります。こちらの動画は公式Youtubeチャンネルで公開されている設営方法を紹介しているもの。大人2人であっという間に設営しています。

シリーズ最速は15秒で設営!


こちらは「ワンタッチ」シリーズの中でも最速で設営できる「ドッペルギャンガーアウトドア」の公式Youtubeチャンネルで公開されている動画を見ると、本当にあっという間にドームテントが設営できる様子がよくわかります。テント本体を広げてから各ポールのジョイントを広げたら、ひもを引っ張るだけ!まさに「ワンタッチ」です。

ポップアップテントのおすすめ人気特集!海や川用など人数別の選び方は? | MensModern[メンズモダン]

番外編:大型ドームタープ

スペースベース デカゴン-AG

もう1点、番外編としてご紹介したいドームテントが、こちら。「LOGOS(ロゴス)」からリリースされた「スペースベース デカゴン(150,000円)」です。組み立てサイズは610cm×570cm×295cmと、名前の通り大きなドームテント。グループキャンプでのベースとして使うほか、集会やイベントにもおすすめです。

海にテントは必需品!上手な選び方からおすすめ人気ランキングまで! | MensModern[メンズモダン]

え!これもテント?おしゃれなドームテントも登場!

ドイツ生まれの「ガーデンイグルー」

キャンプ用のテントではありませんが、おしゃれでユニークなドームテントを見つけました。こちらはドイツ製の「Garden Igloo(ガーデンイグルー)」。185,000円の組み立て式ドームテントは、特殊なビニールを素材にし雨風や雪にも耐久性があります。サンハウスやアウトドアリビングとしても活躍してくれるでしょう。日よけや虫よけ用のカバーも別売りで購入可能です。

「INN THE PARK」の球形ドームテント

静岡県沼津市にある「泊まれる公園」こと「INN THE PARK」には、球形のおしゃれなドームテントがあります。SNSでも話題になっているのが、この吊りテント。今のところ1棟しかないため競争率は高そう。ほかにデッキに設置された球形テントは3棟あります。森の中にたたずむ白い球形がおしゃれですね。

ドームテントでアウトドアライフを楽しもう

初心者の方にも安心しておすすめできるドームテントをご紹介しました。ベーシックメーカーのテントとハイスペックメーカーのテントをバランスよくチョイスしています。予算や希望するキャンプスタイルに合わせたドームテント選びの参考にしてみてくださいね。


評価 4.3/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ