将来的には家を購入したり高級車を購入したりと、貯金は誰しも考えるもの。30歳までに1000万貯金できればと目標は立てる人もいると思うが、1000万貯めるのも決して簡単ではない。そこで今回は、30歳までに1000万貯金する上手な貯め方や節約方法を紹介しよう。

30歳までに1000万円貯金したい!上手な貯め方や節約方法は?

目次

  1. 30歳で1000万円の貯金は可能なのか?
  2. 1000万円の貯金?みんな実際の貯金状況は?
  3. 貯金額1000万円の人はこんなことをしている
  4. 30歳までに1000万貯金できている人は手取りの3割を貯蓄している
  5. どのようにして1000万円貯金するのか
  6. 実家暮らしは1000万貯金には多いに役立つ
  7. 貯金1000万円実現!給料が振り込まれたらまず貯金を!
  8. 収入が足りないのならば共働きをしよう
  9. 貯金の自信のない人は自動積み立てから資産運用をしてみよう
  10. 無料のマネーセミナーを活用して貯金する方法も
  11. 1000万円貯金!有効な節約方法は?
  12. 1000万円の貯金のために!まず固定費を削ろう
  13. スマホ代を見直そう
  14. 習慣を見直そう!
  15. 1000万円貯めるのは簡単ではないけど不可能ではない

30歳で1000万円の貯金は可能なのか?

家を購入したい、車を購入したい、旅行に行きたいなど、様々な夢を持っている人は多い中で、どんなことをするにもお金は必要な世の中。貯金を行わないことには、何もできない。そんな状況の中で、貯金の目標額として30歳までに1000万円と掲げる人は多いだろう。しかし、これは簡単なことではない。

どんなことを行って、どのようにしてこの1000万円貯金できるか、その方法を知らなければ難しい話になってしまう。しかし、実際にこの1000万の貯金は決して無謀な金額ではない。1000万円貯金できている人もいるのだ。その人がやっている術や節約のコツを紹介していこう。

30代のうちの貯金額の最低ラインが1000万円

貯金を実際に行う前に、貯金の目標として30歳までに1000万円をためることがどれほど重要になるかも知っておかなければならないだろう。厳密にいうと30歳のうちに1000万円を貯金できればいいのだが、結婚や出産とそのような経験をしていく中で、1000万の貯金は難しい。つまり20代のうちがどれだけ貯金できるかチャンスにもなるわけだ。

では、なぜ1000万円なのか。その理由は、40代に突入する際にいろいろな選択肢を広げておくことためになる。その選択肢を広げるには何よりも貯蓄が必要で、最低でも1000万円の貯金額が必要だと考えられる。例えば住宅購入であれば十分な頭金を用意することもできる。そのため、今後のローンも十分楽になるのだ。

さらに、子供の大学進学のための教育資金や、長期スパンで考えれば今後の老後のためにもなることは間違いない。1000万円と聞くと大金とのイメージがあるだろう。これだけあれば、家族の選択肢も十分な道が開けることになる。しかし、これでも最低ラインだ。今後の人生を余裕を持って過ごせるほどの金額ではない。

貯金額はその意味でいえば、多いに越したことはない。これ以上の額であればもちろんもっと安心につながるだろう。しかし、最初の一歩として掲げるには1000万円は最低ラインであり、誰でもがんばれば実現可能なレベルであることといえる。これが1000万円という金額の理由になる。

30代は平均いくら貯金してる?独身男女や夫婦の毎月の貯金額と将来必要な額も! | MensModern[メンズモダン]

1000万円の貯金?みんな実際の貯金状況は?

30代の2割が貯金額1000万円

上記の様に1000万円の貯める必要性や、その金額の理由につては理解できただろう。しかし、では実情として貯金できているのだろうか、貯金状況を知っておこう。まず、実際に貯金状況に関してだが、今貯金げきていない人の方が多いのが実情だ。実は30歳までに貯金額1000万円を超えている人の割合は30代の2割程度しかいないといわれている。

実際に30歳のアンケートの中では、約2割の人が貯金額1000万円で、最も多い額としては100万から300万円の範囲の人になる。また、貯金額がゼロの人も1割との結果も出ている。このように実際の状況では貯金・貯蓄額にはかなりの格差があることがわかる。しかし、年収も平均年収並みで毎月コツコツと貯金をしていれば不可能な額ではない。

実家暮らしなどの環境や結婚の有無などにもよるが、節約し貯め方を理解して取り組めば、毎月10万円を貯金できていれば10年間で1200万円が貯金可能になる。しかし、その間には車の購入や旅行などの費用として使用する場面も考えられるため、決して難しくはないが簡単ではない貯金額になるというわけだ。

貯金額1000万円の人はこんなことをしている

では、30歳にして貯金額1000万円の人がしていることってどんなこと?と疑問に思う人もいるだろう。実はこのような人たちが全員ではないがしていることがある。それが資産運用だ。頑張って必死に銀行の預金残高を増やすことも必要だが、実はこれだけではないのだ。株式投資や最近のはやりでもあるFX投資。

しかし、これらには多少のリスクもある。そこでそのリスクを無くし安全に確実に資産を増やしていける方法が不動産投資だ。自己資産0円からでも始められ、安定収入で生命保険や年金対策にもなるといわれている。将来的に見るのであればかなり有効な方法だろう。これらの方法で、会社からの給料だけではなく収入の幅を増やしているのだ。

30歳までに1000万貯金できている人は手取りの3割を貯蓄している

また、30歳までに1000万円貯金できる人は、単純な預金残高を増やす額もしっかりと取っている状況だ。給料のうちいくら貯金に回せているかどうか、今一度考えてもらいたい。このような貯金額を達成している人の貯め方として、手取りの3割を貯蓄するのだ。

これには収入の時点での金額の差にも影響している。20代で貯金額が1000万円を超えている人は、収入の時点で差があり、なんと平均的な給料の約253000円よりも、10万円近く多くもらっている状況であることが分かっている。それだけもらっている状況であるがために毎月貯金に回せる額が多いというわけだ。

家賃や光熱費の差はそれほど大きくはないので、この毎月の手取りの差は非常に貯蓄に大きく関わってくる。収入の差もあり、さらに上記のような資産運用によって別口の収入の幅を取っていることで達成できているというわけだ。しかし、必ずしも高給与で、さらに投資などをしなければ達成できない金額ではない。

月収50万円を稼ぎたい!手取りと貯金を殖やす方法を調査! | MensModern[メンズモダン]

どのようにして1000万円貯金するのか

投資や高給与であっても、貯金できていない人は沢山存在する。また、このような資産運用などもできる人ばかりではないだろう。必ずしもこれらの方法は必須ではない。誰でもできる節約術やⓣ目方のコツもあるのだ。それらの方法を紹介していこう。

実家暮らしは1000万貯金には多いに役立つ

1000万円貯金するその貯め方だが、まず経済的な状況を語る前に実家暮らしなどの環境も当然大切になる。もし、家が近くであるのであれば独身である限り、一人暮らしをやめて実家暮らしをすることは非常に有効な方法になる。実家で暮らしていると、一人暮らしをしている場合rと比べて給料の使い方に非常に大きな差が出る。

一人暮らしでは、家賃や光熱費、通信費の支払い、そして生活費などすべてを自分で補う必要がある。もちろん、実感暮らしといえど家に少なからずお金を入れる人は多いと思うが、その状況であっても一人暮らしよりは出費は少なくなること間違いないだろう。家賃の高いところや、自分の車を持っていればその維持費などの割合が多くなる。

たとえ生活費を切り詰めたとしても、なかなか貯金までお金が回らないケースは多い。しかし、実家暮らしであれば、自分の生活費と家に入れるお金をたとえ給料の半分程度支払ている状況であっても、残りは自分の小遣いになり、貯金に回せる額としては断然多くなるはずだ。そのため、実家暮らしよりも支出の額はかなり少なくなるといえるだろう。

一人暮らしの貯金事情!年収が少なくても貯金できる方法&平均貯金額 | MensModern[メンズモダン]

貯金1000万円実現!給料が振り込まれたらまず貯金を!

お金の貯め方として、決まった額を最初に給料から引いて確実に貯金を行う方法もある。残った金額を貯金に回そうとすると、どうしても無理が生じたり、最終的に月末になるとほとんど貯金額として残らないケースもある。また、どうしても残った額を貯金する貯め方であれば、毎月安定した決まった金額を貯金することは難しくなる。

そのため、有効な方法が給料が振り込まれたら、まずは目標の貯金額をより分けて、先に貯蓄用口座に振り込む方法が有効なのだ。このような方法を「先取り貯金」という。お金の貯め方としては定番の方法だ。この先取り貯金によって、毎月一定金額のお金が100%たまっていく。もちろん、途中で降ろさないことが前提にはなる。

また、この先取り貯金には自分で口座を分けて振り込む方法でももちろん良いのだが、放っておいてもお金がたまっていく「自動送金」や「自動振替」を使う方法も有効だ。これであれば、自動的に必ず定額を別口座に移してくれる。また、勤め先で財形貯蓄や社内貯金と使う方法も、任意のタイミングで簡単に引き落とせないので有効な方法だ。

収入が足りないのならば共働きをしよう

お金の貯め方として、どのような家庭環境であっても有効なのが共働きだ。30歳に近い年齢にもなれば社会人になって10年程度は経過しており、貯金をしていた人もしていなかった人も結婚という節目を迎える人は多いだろう。そこで、必要なのは結婚資金。そして、その後も自分自身で使えるお金はぐっと減る。

また、家族が増えれば、より広い家への引っ越しや、それに伴い光熱費、食費などの各種費用が増えるので、お金が増えない時期になってくる。しかし、だからといって必ずしも悪いことばかりではない。働ける人数は一人増えるのだ。例えば二人で車や家などの夢を持っていれば励ましあい働くこともできるだろう。

二人で働けば、光熱費や食費など、一人の給料で浮かせられる金額も稼ぐことは不可能ではない。そうすれば、丸まる一人分の給料を貯金に回すことも理論的には不可能ではなくなる。共働きはお金の貯め方の方法として大変有効な手段になるのだ。

貯金の自信のない人は自動積み立てから資産運用をしてみよう

お金の貯め方として、資産運用をいきなり始める人がいるが、必ずしもこれは成功するとは限らない。資産運用にもいろいろあるが、ハイリスクハイリターンになることも少なくないからだ。そうすると、せっかく貯められるお金も、資産を増やすどころか逆に資産を減らすことになりかねない。そこで、まずは自動積み立てがおすすめだ。

資産を増やすといっても、自分の意志で最後まで貯金を続けるのはなかなか難しい。貯金用の口座から降ろしてしまうこともあるだろう。そこで自動積み立ての出番だ。多くの場合、自動積み立てであれば積み立てた金額を自由に引き落とすことはできない。また、先ほど解説したように、先取り貯金になるので、確実に資産を増やせる。

そして、一定の資産をためることができて、余裕が出てくれば投資による資産運用を挑戦してみるといいだろう。投資はハイリスクハイリターンのものばかりでなく、ローリスクローリンターンのものもあるので、そちらで確実に増やすことをおすすめする。コツコツと資産を増やすことがまずは、確実な一歩になるはずだ。

無料のマネーセミナーを活用して貯金する方法も

また、当然お金をためる、資産を増やすといってもその知識は自分で調べて勉強するだけでは限界もある。そこで無料のマネーセミナーを活用する方法も有効な資産運用の方法になる。資産運用には当然お金の知識も身に着ける必要があるのだ。また、リスクヘッジとしても非常に有効だ。

また、近年では富女子といわれるものがある。生涯、お金に困らず自立していけるように、貯金や投資に励む女子のことを指し、彼女たちが集まる富女子会といわれるものもあり、投資や節約術、保険やポイントカードの効果的な使い方など情報共有を行っている場もあるのだ。

こういった場は必ず今後のためになる情報であふれているので、女性であればセミナーだけでなく、こういった集まりに行ってみるのもかなり深い知識を身に着け今後の糧にすることができるだろう。

1000万円貯金!有効な節約方法は?

では次にお金の貯め方で外せない節約術についてだ。お金をもちろんどんどん貯金することは1000万円貯めることに近づいているわけだが、普段の出費を抑えて貯金することはとても大事。出費を抑える有効な節約術を知っておかないと無駄は出費を増やすことになる。普段の生活の中に潜む無駄を見つけていこう。

1000万円の貯金のために!まず固定費を削ろう

【1000万円貯金の実現のために!固定費削減①】住居費

まず、1000万円をためるのであれば、普段の固定費の出費を見つめなおすところから始めよう。固定費の中でも気になるのが、住居費だ。家賃や住宅ローンがこれにあたる。たくさんある家計支出の中でも、住居費はもっとも大きなお金の一つだ。

住宅ローンであれば、金利の低いローンに乗り換えることで数百万の節約も可能だ。賃貸の人であれば、家賃の安い物件に引っ越してしまうことも、長く住むのであればかなり有効な方法。これらの祷拒否を減らすことができれば、かなり節約効果は高いといえる。

【1000万円貯金の実現のために!固定費削減②】光熱費

次に落とすべき出費が光熱費だ。固定費にはほかにも通信費や習い事費用など色々とあるが、なかでも住居費に次いで大きなものになる。節約を心がけて、まず目につくのが光熱費ではあるが、その光熱費を切り詰めて、本当に節約できている人は少ない。

電気や水道など、つけっぱなしをしないことは当然だが、冷蔵庫の使い方や水の傘を増す方法など、実践をしている人は少ないだろう。これらの光熱費はまだまだ節約の余地はあるはずだ。生活を見直して、どこまで切り詰められるか考えてみてほしい。

スマホ代を見直そう

今や生活に欠かせない道具としてスマホは切り離せないものではあるが、解約しろとは言わないまでもプランを見直して、格安で使う方法をとることも有効な方法だ。実はスマホ代、知っての通りとても高いのだ。はっきり言うと払いすぎといっても過言ではない。

格安スマホや格安SIMなどの言葉を着たことのある人も多いと思うが、これらの情報を見て、使いこなしたほうが節約にはなる。一人分でも当然だが、二人分であれば今より10万円も通信費を落とすことも可能なケースもある。

習慣を見直そう!

【日ごろの習慣を見直そう①】コンビニの利用

今や当たり前になっている生活の習慣も見直す必要が節約にはある。資産運用をいくら取り入れてもこれらの習慣が変わらないと節約は成功しないといっても過言ではないだろう。その悪しき習慣の一つが当たり前のようん利用しているコンビニだ。毎日のようにお昼はコンビニで買っていないだろうか。

手軽で便利にいつでも手に入りはするが、けっしてコンビニの商品は安くない。値段が高いものが良いとは言うが、節約においてはその言葉は信じてはならない。良いものはコスパを十分に考えて手に入れなくてはならないのだ。コンビニの過度な利用は避けよう。

【日ごろの習慣を見直そう②】外食は最小限に

今さらではあるが、もちろん外食も節約には大敵だ。一人暮らしでも休みの日にまとめて料理して、小分け冷凍保存しておくことで充分節也が可能。工夫を凝らして食費を浮かそう。そうすればおのずと資産はたまっていくだろう。どうしても外食をゼロにするのが難しいのであれば回数制限を設けるのも有効な方法だ。

【日ごろの習慣を見直そう③】休日の過ごし方

休日の過ごし方を見直すことも必要な節約術だ。休みはどうしても普段からのストレスからお財布のひもが緩みがちになる。そこはぐっと我慢と言っても決して簡単なことではない。しかし、もちろんゆっくり体を休めストレス発散をすることは重要なのだが、お金を使わなくてもできることは多いはず。お金を使わず楽しめることを見つけよう。

【日ごろの習慣を見直そう④】小さなお金も大事に

貯金や収入が少ない人になるほど、小さなお金を軽視する傾向にあるという。これは他人からケチだと思われたくないためだ。しかし、たとえ小さなお金だとしても、無駄な出費には変わりない。この出費を削る先に資産構築があるのだ。1000万円と大きな金額を見ることはもちろん大事だが、目の前の小さなお金を見て節約しよう。

【日ごろの習慣を見直そう⑤】銀行口座は選ぶこと!

習慣のなかで銀行口座を軽視していないだろうか。実は口座によっても資産運用に向いているもの、そうでないものとがある。大手銀行の口座だけを給与振り込みもそこだからと使っていないだろうか。資産運用に関しては、この銀行はとても大きな要素なので、使い分けや分担を積極的に調べ行っていこう。

一人暮らしの生活費の平均は?予算や節約方法&貯金ができる生活のポイント | MensModern[メンズモダン]

1000万円貯めるのは簡単ではないけど不可能ではない

1000万円を貯めることは一朝一夕ではいかない。しかし、決して不可能ではない。節約と貯金の方法、そして資産運用の方法をコツコツと行っていけば必ず30歳までに貯めることのできる金額だ。そのためにも、早期に計画建てをして、必要な知識を身に着けて節約と貯蓄を進めてほしい。


評価 4.2/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ