引っ越しやアウトドアスポーツなどのために、ひんぱんに自転車を配送する方がいらっしゃいますね。とくに、アウトドアスポーツでサイクリングを楽しむ方は、なるべく安い送料で自転車を配送に出したいものです。宅急便、引っ越し業者など、送料の安い業者を比べてみました。

自転車の送料・配送方法を徹底調査!一番安いのは宅急便?引っ越し業者?

目次

  1. 自転車をできるだけ安い送料の業者で配送したい
  2. どんなときに自転車を宅急便などで配送するの?
  3. 安い送料で自転車を配送するなら業者にこの方法で頼もう
  4. できるだけ安い送料で自転車の配送を依頼する方法は?
  5. 徹底比較!自転車配送の送料が一番安い業者はどこ?
  6. 佐川急便が展開するシクロエクスプレスの送料は安い?
  7. 佐川急便の輪行箱ユーザー限定の自転車配送サービス
  8. イベントで使う自転車を安い送料で配送する西濃運輸
  9. サイクリングヤマト便(ヤマト運輸xJCA)の送料って?
  10. 宅急便大手ヤマト便(ヤマト運輸)の自転車配送の送料
  11. しまなみ海道手ぶらサイクリング(佐川急便)の送料は?
  12. ゆうぱっくでも安い送料で自転車の配送ができます
  13. トラックチャーターの赤帽の自転車を配送する送料って?
  14. 安い送料で自転車を配送する場合、この点は気を付けたい
  15. 安い業者に自転車の配送を依頼して楽しく移動したい

自転車をできるだけ安い送料の業者で配送したい

日本国内各地などで、自転車に乗って参加するイベントが積極的に開催されていますね。このようなイベントに参加するマウンテンバイクなど、自転車好きな方は自転車の配送をどうしていらっしゃいますか。持ち運ぶタイプの折りたたみ式の自転車もありますが、宅急便などの業者を使って安く配送する方法もおすすめです。

宅急便などできるだけ安い業者で自転車を配送する方法

自転車の配送が必要なのは、引っ越しのときだけではありません。国内などで開催されている自転車を使ったスポーツイベントへの参加や、海岸や湖などの水辺を自転車で巡るツアーを楽しむ方が積極的に活用していますね。宅急便だけでなく、ゆうぱっくや赤帽などもサービスを展開しています。各社のサービスを詳しく調査、紹介します。

自転車配送には宅急便や引っ越し便がおすすめです

ツアーなど観光目的で移動先で自転車を使う方は、折りたたみ自転車を活用する方が多いですね。ただ、自転車レースやイベントなどでは、参加する自転車の型が決まっている場合があります。そのような場合は、宅急便や引っ越し便を使って安い料金で自転車を配送したいものです。また、イベントやレースと提携しているサービスもありますよ。

折りたたみ自転車の最軽量は?コンパクトなおすすめ商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

どんなときに自転車を宅急便などで配送するの?

自転車が、交通などのエコブームで注目されています。通勤や通学に自転車を愛用している方も、多くいらっしゃいますね。その流れにノッて、自転車関連のイベント開催も盛んです。地域を活性化させるためのイベントで、自転車レースや自転車で地域を巡るツアーも多いですね。開催地に愛着のある方は、遠方からでも参加する方が多いそうですよ。

イベント参加などで自転車を配送したい

自転車を配送するサービスに、宅急便など多くの業者が参入しています。また、自転車関連のイベントに関わる業者も、一般の業者と比べると安い送料でサービスを提供してますね。頻繁に自転車の配送が必要な方や、遠方にツアーに参加する方はできるだけ経費を抑えたいものです。自転車の梱包などでも、料金が変わるのでマメにチェックしてください。

安い送料で自転車を配送するなら業者にこの方法で頼もう

自転車の配送を宅急便などに依頼すると東京、大阪間。または東京、札幌間で平均2から3万円の費用がかかります。これならば、引っ越しなどでは現地で新規に自転車を買った方が安いという方もいらっしゃいます。また、イベントやレースによっては、参加する自転車のタイプが決まっている場合もありますので、気を付けてくださいね。

自転車のタイプを選ぶ方法で配送料を安くする

自転車には婦人用のママチャリだけでなく、メンズが使うオシャレなロードバイクやマウンテンバイク、電動自転車などタイプや大きさもさまざまです。宅急便やゆうぱっくなど、業者によって自転車の大きさによって送料が違います。なるべく安いサービスの利用を考えるなら、業者のサービスを事前にキチンをチェックしたいものです。

引っ越し便の復路などを活用して自転車を配送する

一般的な引っ越し便は、復路の便は空車です。その便を活用して自転車の配送を依頼してみてはいかがでしょうか。配送業者も空車よりも、荷物をクルマに載せていた方が得なのです。時間指定の必要がないなど、時間的に余裕のあるときに活用したいサービスです。業者によってサービス内容が違うので、問い合わせてみてくださいね。

できるだけ安い送料で自転車の配送を依頼する方法は?

自転車の配送を宅急便などに依頼せず、自転車用のバッグに入れて荷物として持ち歩く方もいらっしゃいます。自転車は、移動に使う乗り物です。重量もあり、大きな荷物になってしまいますね。イベントやツアーの参加には、なるべく身軽なスタイルで移動したいものです。安い宅急便などに依頼して、スマートにイベントやツアーに参加してくださいね。

自転車を専用バッグに入れて配送する宅急便もあります

宅急便など自転車を配送する業者のなかには、自転車バッグなど輪行袋や輪行箱に入れたコンパクトな形で配送することで送料を割安にしているところがあります。また、引っ越し業者には、日付を指定しないといった比較的安い配送サービスを利用することで、送料が安くなることもあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

自転車用のバッグおすすめまとめ!用途別におしゃれアイテム紹介 | MensModern[メンズモダン]

徹底比較!自転車配送の送料が一番安い業者はどこ?

引っ越し便は日付指定はしない、宅急便や、自分で持ち歩くには自転車専用のバッグを使うなど、自転車配送の送料を安く抑える方法は数多くあります。また、自転車配送には多くの宅急便などの業者が多く参入しています。自分の自転車ライフに合ったサービスをチェックして、見つけてくださいね。

自分の自転車ライフに合った業者をチェックしよう

自転車を配送する業者は、多くあります。しかし、自分で梱包の必要がある。また、自分で配送のための自転車バッグ、輪行袋や輪行箱の用意をしなければならないなど、サービスはさまざまです。もちろん、梱包のサービスや、輪行袋や輪行箱のレンタルや販売もする業者もあります。自分の自転車ライフに合った業者を選んでくださいね。

佐川急便が展開するシクロエクスプレスの送料は安い?

シロノエキスプレスは、配送用の段ボールケースを使って自転車を配送するサービスです。往復のサービスもある、ツアーやイベントに参加する方に人気です。配送を依頼するときには、シロノエキスプレスから専用のケースを支給してくれますが、自分のものでも大丈夫です。また、支給されるケースは繰り返しの使用でも、対応してくれます。

オークション出店などのための対応もします

シロノエクスプレスは、発注者と受け取り人が違っても対応するサービスです。引っ越しやレジャーのための自転車の配送だけでなく、ネットオークションなどにも対応してくれますよ。さらに往路と復路が違ってもキメ細かい対応で評判です。また、受付も公式ホームページなど、ネットで受け付けています。ぜひチェックしてみてください。

佐川急便の輪行箱ユーザー限定の自転車配送サービス

シロノエキスプレスと同じく、佐川急便が展開しているサービスです。こちらは、自転車バッグとも言われるオリジナルの輪行箱を使って、自転車を配送してくれます。料金は、シロノエキスプレスとほぼ変わりませんが、ロードバイクの配送にも対応。また、日本国内の離島への配送にも対応する、自転車好きの方のためのサービスです。

輪行箱は意匠登録をしているオリジナルです

佐川急便が段ボール箱などを制作する国内の企業、KOWAとのコラボで展開しているサービスです。オリジナルの自転車袋、BTB輪行箱を購入することでサービスの提供を受けられるシステムです。この輪行箱は、KOWAが意匠登録をして、展示会などで積極的にPRしていることで話題です。話題のサービスをぜひ、使ってみてくださいね。

イベントで使う自転車を安い送料で配送する西濃運輸

西濃運輸が展開するカンガルー自転車輸送便・カンガルー自転車イベント便は、イベントで使用する自転車を安い送料で配送するサービスです。輪行袋や輪行箱で梱包された自転車を、配送する方法です。また、こちらのサービスでは、オリジナルの輪行袋や輪行箱などをレンタルすることもできます。自転車のタイプは、限定なので注意してください。

配送する自転車はロードバイクなど限定です

こちらのサービスはイベントで使う自転車を限定して、配送しています。ロードレーサー、クロスバイクなど配送する自転車も限定してサービスする方法です。また、ママチャリや電動自転車の配送は原則受けていないので、注意してください。ママチャリは西濃運輸としては、カンガルー特急便で承っています。ぜひ、問い合わせてみてくださいね。

サイクリングヤマト便(ヤマト運輸xJCA)の送料って?

ヤマト運輸と日本サイクリング協会、JCAが共同で提供しているサービスです。JCAの会員限定ですが、送料は正規の料金よりも70パーセントほど安いお得な方法のひとつです。自転車のレースに出場したり、ツアーに積極的に参加している方におすすめのサービスですね。JCAに加入すると、自転車以外にも保険に加入できます。チェックしてみてください。

JCA会員の特典は自転車配送だけじゃない

日本サイクリング協会、JCAは、国内のサイクリング協会と連携して、自転車を愛する方々の自転車生活をサポートする協会です。自転車の配送サービスだけでなく保険のサービスや、自転車に関する研究・調査を実施している団体として知られていますね。自転車を通勤だけでなく、日常のレジャーとして楽しんでいる方はぜひ入会などをおすすめします。

宅急便大手ヤマト便(ヤマト運輸)の自転車配送の送料

ヤマト運輸では、通常の宅急便よりも大きなサイズの荷物にも対応してくれます。また、任意で保険をかけることができるので、自転車の配送にもおすすめの方法のひとつです。容積換算重量が100キログラムの荷物を、東京から大阪までの配送した場合、送料が約4000円と、通常の自転車の配送サービス並みと口コミなどで好評ですよ。

通常の荷物同様、持ち込み割引もあります

ヤマト運輸の大型荷物の配送サービスでは、通常の荷物の配送同様、営業所に持ち込むことで送料が割引になります。ただ、梱包は、自分で輪行袋や輪行箱を使って行う必要があります。自分で愛用している輪行袋や輪行箱を持っている方、また、自転車の扱いに慣れている方におすすめの、自転車配送の方法かもしれません。

しまなみ海道手ぶらサイクリング(佐川急便)の送料は?

自転車観光で人気の愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ、しまなみ海道。佐川急便が提供する、しまなみ海道の観光を楽しむ方のための自転車配送サービスです。スタートしたばかりの話題の、新しいサービスです。受付時間や受け取り時間がまだまだ限られるため、割高感もありますが、話題の観光地しまなみ海道を自転車で走りたい方におすすめです。

提携ホテルで自転車の受け取りも可能です

佐川急便が提供する、しまなみ海道手ぶらサイクリングは、始まったばかりのサービスです。サービス提供時間に制約もありますが、提携しているホテルで配送を依頼した自転車を受け取れるサービスは話題です。自転車の配送には、自分の輪行袋や輪行箱を使うことが必要です。が、佐川急便では専用の箱も扱っていますので、問い合わせてみてください。

ゆうぱっくでも安い送料で自転車の配送ができます

ゆうパックでは、縦、横、高の大きさの合計が1.7メートル以内、重さ30キログラムまでの荷物まで配送を扱っています。荷物としての取り扱いになりますので、自転車は輪行袋や輪行箱に入れた状態で依頼しましょう。自分で組み立てや梱包のできる方に、おすすめの送料が安い自転車の配送方法のひとつです。

通常の荷物と同じく持ち込みなどで送料は安くなります

ヤマト運輸と同じく、ゆうパックでも通常の荷物と同じように持ち込みなどで送料は割引になります。持ち込みのほかに、複数口割引や同一宛先割引などのお得な送料で自転車を配送できます。自分で組み立て、梱包ができる方。また、自転車をひんぱんに配送する方にぜひ、おすすめの自転車配送サービスです。

トラックチャーターの赤帽の自転車を配送する送料って?

安い送料で引っ越しなどで人気の、赤帽でも自転車の配送をしてくれます。赤帽は、自分でトラックをチャーターするサービスなので自転車のほかにも、引っ越しや移動のための荷物も同じ送料で配送してくれることもあります。赤帽は、事業者によって送料などサービス内容が違うので、ぜひ問い合わせてみてください。

安いと人気の赤帽はこの点だけは注意してください

赤帽は、赤帽という名義で個人事業者が配送サービスをフランチャイズで提供しています。赤帽への配送依頼は、ほぼフランチャイズを網羅した赤帽の公式ホームページから電話などで問い合わせてください。ただ、赤帽という名義は同じですが、送料やサービス内容が業者によって違うケースもありますので、くれぐれも注意してくださいね。

安い送料で自転車を配送する場合、この点は気を付けたい

自転車配送の送料を安くしようと、自分のクルマで配送する方もいらっしゃるようですね。ただ、遠方への引っ越しや電車での移動の場合は、配送業者に依頼することをおすすめします。自転車を組み立てた状態のまま、またはボルトを外して輪行袋や輪行箱に入れて配送するサービスの2通りがあります。注意してくださいね。

イベント参加や団体への加入で送料が安くなります

日本各地で開催されているレースなどに参加する方には、レースによっては参加者は自転車配送の送料が割引や、より安い送料になることがあります。また、JCAなどの団体に加入することで自転車などの保険に、また、自転車の配送も安くなるケースもあります。興味のある方はぜひチェックしてなるべく、安い送料で自転車を配送してくださいね。

輪行袋や輪行箱の活用で自転車の送料がお得になります

自転車の配送は、自転車を入れるバッグの輪行袋や輪行箱に収納して依頼することで安くなります。この場合は、自分で自転車の組み立てができると、さらに安い料金でサービスを活用できます。また、業者よっては輪行袋や輪行箱の販売やレンタル、自転車の組み立てもしてくれます。業者をキッチリとチェックして、自転車の配送サービスを活用してください。

安い業者に自転車の配送を依頼して楽しく移動したい

自転車をより安い送料で配送を業者に依頼するには、自分で自転車を入れるためのバッグ、輪行袋や輪行箱を持つことが望ましいようです。また、引っ越し便を活用する場合は日付を指定しないで、復路の便を活用するなど、念入りに情報をチェックして配送を依頼してください。コスパよく自転車を配送して、エコな自転車生活を楽しんでくださいね。


評価 3.7/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ