毎年恒例の年賀状。上司にも失礼のない年賀状の書き方が知りたい!そんな方へ、上司へ年賀状を送る際に添える一言やマナー、失礼のない書き方などを細かく調べてみました。目上の人へのマナーを習得して、気の利いた一言を綴ったインパクトある年賀状をつくってみませんか?

年賀状で上司に一言添える文例を紹介!目上の人への失礼のない書き方とは?

目次

  1. 日本の新年の挨拶・年賀状のはじまり
  2. 年賀状を送る時のマナー
  3. 年賀状の書き方
  4. 上司へ送る年賀状の書き方
  5. 友達へ送る年賀状の書き方
  6. 家族・親戚へ送る年賀状の書き方
  7. 上司へ送る年賀状の注意事項
  8. 上司への年賀状に一言添える文例集
  9. 一言添えない年賀状は・・・?
  10. 上司に送る年賀状には一言添えてインパクトを!

日本の新年の挨拶・年賀状のはじまり

年に一度、友人や親戚、疎遠になった友達などに新年の挨拶をする年賀状。子どもから大人まで出す年賀状の始まりはいつからだったのでしょうか?それは遡ること平安時代。藤原明衛の手紙の文例集の中に年始の挨拶の文例があったとされています。

親しくしていても年始の挨拶をしに出向いていくには遠い方に、新年のご挨拶とお世話になったお礼の気持ちを込めて出す手紙として、現代の日本でも深く根付いています。

子どもならあまり気にせずに気軽に書いても微笑ましいですが、立派な社会人ともなれば、マナーの一環として、正しい年賀状の書き方もマスターしておきたいものです。と、いうことで、目上の、そして上司への年賀状に一言添える文例や書き方のマナーなどを調べてみました。

年賀状を送る時のマナー

年賀状を出すタイミング

まず年賀状は12月25日くらいまでに出せば元旦につくとされています。が、一般には1月7日までに届けば失礼にあたらないようです。どうしてもその後になってしまった場合は、「寒中見舞い」として出すようにしましょう。

住所や宛名の書き方

年賀状を送る上で知っておきたいマナーは、宛名の住所、差出人の住所は都道府県名から書くということ。縦書きで書く場合の数字は漢数字(一、ニ、三)、横書きで書く場合の数字はアラビア数字で(1、2、3)を使うことも覚えておきましょう。宛名の個人名には”様”を。会社宛ての場合は”御中”を付けることもお忘れなく。

年賀はがきを使わない場合は・・・

まれに年賀はがきではなく普通のはがきで年賀状を出す場合もあります。その場合は、一般の郵便物と区別をするために、切手の下に朱書きで「年賀」と書くこともマナーです。これを忘れてしまうと、年賀状なのに投函されてすぐに配達されてしまい、年内に届いてしまうという恥ずかしいことになりかねません。

年賀状を書き損じた場合は・・・

年賀状を書き損じて、修正液などで修正して出すことは失礼にあたります。所定の手数料を支払えば、郵便局で交換してもらえますので、できるだけ書き直して出すようにしましょう。特に目上の方や上司に出す年賀状の場合はなおさらです。

年賀状はメールだと失礼になる?送る時のマナーや文例を紹介! | MensModern[メンズモダン]

年賀状の書き方

賀詞は1つに

年賀状の裏面には、新年を祝う言葉を大きめの文字で書きます。目上の方や会社の上司に出す場合には、「あけましておめでとうございます」や「HAPPY NEW YEAR」などの文例ではなく、「謹賀新年」といった賀詞がいいでしょう。

「謹賀新年」のあとに「あけましておめでとうございます」といった年始のご挨拶を重複して書いてしまいがちですが、賀詞は1つにするようにしましょう。

去年ではなく昨年、旧年

「昨年はお世話になりました」。よく書く文例ですが、この時に「去年」という漢字を使わないようにすることもマナーとして大事です。「去」という漢字は新年を迎えるお祝いの手紙にはふさわしくありませんそその他にも、「枯れる」や「失う」など、ふさわしくない語句は控えるように注意しましょう。

元旦の意味

元旦とは1月1日の朝という意味を持っていますので、平成〇年1月元旦という書き方は間違いです。平成〇年元旦と書きましょう。また年を明けてから年賀状を出す場合などは、元旦という語句は使わないようにしましょう。

年賀状のマナー・書き方まとめ!正しい文例や送り方も紹介! | MensModern[メンズモダン]

上司へ送る年賀状の書き方

日頃会う上司編

会社でお世話になっている上司へ送る年賀状には、昨年のお礼と新年のご挨拶、また新年のお付き合いのお願いを合わせて書くといいでしょう。日頃、会社で顔を合わせているので、自分の近況報告などは不要の場合が多いです。

ですが、会社で会う分、上司とのコミュニケーションもはかれているので、グッと上司との距離を詰める一言が書けるのもまた事実です。自分と上司との関係性を上手に表した一言を工夫してみましょう。

日頃会わない上司編

会社を離れてしまったご無沙汰している上司へ送る年賀状には、ご無沙汰しているご挨拶と上司の体の気遣いが見える一言を書きましょう。ご無沙汰してしまっている為、新年に会うということも予定になければ、無理に新年のお付き合いのお願い(今年もよろしくお願い致します)などは書かなくてもよいでしょう。

友達へ送る年賀状の書き方

友達へ添える一言

友人へ送る年賀状には、日頃から会っている友達には特にあらたまって年賀状に書く一言がないという場合は、相手を選ばずに使える定番の一言メッセージでもいいでしょう。「素敵な一年になりますように」や「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」など、普段の会話ではなかなか言えないことをきちんと書いて送るということもいいのではないでしょうか?

年賀状は手書きだと好印象!うまく書くためのアイデアとコツを紹介! | MensModern[メンズモダン]

家族・親戚へ送る年賀状の書き方

家族・親戚へ添える一言

家族でも離れて暮らす家族には、「お変わりなくお過ごしでしょうか」や「どのような新年をお迎えでしょうか」などの一言が妥当です。また近々会う予定がある場合には、「お会いできるのを楽しみにしています」などという一言を付け加えるとよいでしょう。

上司へ送る年賀状の注意事項

略語はNG

上司へ送る年賀状に略語はNGです。「あけましておめでとうございます」というお祝いの言葉よりも「謹賀新年」の方が無難です。「あけおめ」は論外です。よく「迎春」や「慶春」というお祝い言葉を書く方もいますが、こちらも省略した挨拶言葉となりますので、避けた方が無難です。

「新年あけましておめでとうございます」という書き方はNGです。「新年」と「あけまして」は同じ意味なので重複表現です。日本人として正しい書き方で年賀状を出しましょう。

句読点はNG

年賀状には句読点をつけないのがマナーです。「。」が必要な箇所は改行を用い、「、」が必要な箇所は一文字空けるといった工夫をしてみましょう。

忌み言葉はNG

年賀状は新年に届く縁起のいいものです。年賀状に書く内容はおめでたいことを書くように心がけます。ですので、忌み言葉と言われる縁起の悪い言葉はNGです。「衰える」「滅びる」「倒れる」といったフレーズは避けましょう。

上司への年賀状に一言添える文例集

上司に一言添える文例その①お世話になったお礼

上司に昨年お世話になったお礼を伝える一言は、「昨年は大変お世話になり、ありがとうございました」や「旧年中はいろいろとご指導いただき、ありがとうございました」などの一言がおすすめです。

上司に一言添える文例その②ご無沙汰の挨拶

あまり会う機会がない上司への年賀状に添える一言には、「ご無沙汰いたしております。お元気でいらっしゃいますか」など、ご無沙汰してしまっていることの挨拶を一言加えましょう。

上司に一言添える文例その③新年のお付き合いのお願い

会社でお世話になっている上司への年賀状には、新年もよろしくお願いしますというお付き合いのお願いの一言を添えるようにしましょう。「本年もよろしくご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます」という一文は必須です。

上司に一言添える文例その④自分らしさをアピールする一言

先述した文例は社会人なら当たり前のこと。これだけでは個性が出せません。自分のキャラにあった自分らしい一言を添えることで、上司へインパクトのある年賀状をおくりましょう。しかし、砕けすぎるのもNGです。そこのところの見極めが必要ですね。仕事のことやプライベートのことを含めて、自分のやる気をさりげなくアピールしちゃいましょう。

上司との会話の中で、上司のお子様や奥さんの話題があれば、「お子さんも小学生になりますね」「先日は楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございます」など、上司と親密度をあげるような一言を書くのもいいでしょう。

一言添えない年賀状は・・・?

今、年賀状はネットでもパッとデザインを頼めますし、自宅にパソコン、プリンターがある家がほとんどなので、自宅でも簡単に年賀状の大量印刷が可能な時代です。中には業者さんに注文してそのままポストに投函してしまうなんていう方もいるかと思いますが、それではもらった側もちょっと寂しく思ってしまうかもしれません。

失礼ということではありませんが、せっかく年賀状を出すのですから、心がこもった暖かいぬくもりがある年賀状を受け取って欲しいものです。その為には、ぜひ一言を添えてみましょう。普段会っている相手だからこそ言える一言、ご無沙汰している相手には年賀状でしか伝えられない一言があるものです。

「結婚しました」や「子どもが生まれました」など自分の近況報告や相手がグッとくるような一言を添えて、心暖まる年賀状を作ってみませんか?

上司に送る年賀状には一言添えてインパクトを!

上司に送る年賀状の正しいマナーについて調べてみました。年賀状の正しい書き方や一言添える文例など上司に送る年賀状のあれこれ、覚えておいて損は有りません。年に一度の年賀状です。送るなら相手がもらってうれしい年賀状を作りたいものです。

失礼にあたらない年賀状はもとより、ありきたりなものではなく、自分の個性を強くアピールできるインパクトある年賀状を送り、上司から一目置かれるデキる部下を目指しましょう。


評価 4.3/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ