スマホのメールで年賀状を送る場合に失礼にならないマナーや文例をまとめました。年賀状をスマホのメールで送る場合は、相手の失礼になれない文例やマナーをチェックしておくことが大切。失礼を感じさせないマナーや文例を学んで年上のメールをスマホで送ってみましょう!

年賀状はメールだと失礼になる?送る時のマナーや文例を紹介!

目次

  1. 失礼のないスマホでの年賀状メールのマナーを知りたい
  2. スマホで年賀状をメールでするメリットとは?
  3. 年賀状をメールで出す場合は失礼のないマナーが必要
  4. 相手から年賀状がきた場合にメールで返したい時は?
  5. 年賀状をメールで返す場合に添えておきたい一言の文例
  6. 年賀状を出してもビジネスで年賀メールは出すべき?
  7. 年賀状メールの件名の文例は?
  8. 上司や先輩に送る場合の年賀メールの文例
  9. 友人に宛てた年賀状メールの文例
  10. スマホでも失礼のない年賀状メールをチェックしよう!

失礼のないスマホでの年賀状メールのマナーを知りたい

年々、年賀状を出す人が減っている

昔は年末年始に出すのが定番となっていた年賀状ですが、スマホなどの通信機器が発達するにつれて徐々に年賀状を出す人が減ってきています。そんな近年にあった方法がメールで送る年賀状。年賀状を紙媒体で出すのではなく、スマホなどのメールで送ることによって自分や相手にとっての負担も減ることからメールでの年賀状が増えてきています。

ただし、メールで年賀状を送る場合は注意が必要。メールで年賀状を送ることによって相手に失礼になってしまうこともあるのでしっかりとマナーをチェックしてから年賀状のメールを送ることが大切になります。年賀状メールはマナーを守ることによって相手に対して誠意を伝えることができるので、いろいろなシチュエーションを考えながら年賀状メールを作っていきましょう。

失礼にならない年賀状メールの文例やマナーをチェックしよう

「メールで年賀状を送る場合にはどうすれば良い?」「年賀状メールの送り方を知りたい!」という場合に役立つ年賀状メールの情報についてまとめました。年賀状メールのマナーさえ覚えておけば、相手に対して失礼なく年始の挨拶を伝えることができるようになるので状況に合わせてしっかりとした年賀状メールを作って送っていくようにしましょう!

年賀状の期限はいつまで?元旦に届かせるために投函するには? | MensModern[メンズモダン]

スマホで年賀状をメールでするメリットとは?

1枚ずつ年賀状を出す手間が減る

年賀状メールで出すメリットとしてまずあげられるのが、年賀状を1枚ずつ書く手間が減るということです。年賀状を出す相手が多い場合、1枚ずつメッセージを書いたり、年賀状を印刷したりするのはとても大変ですよね。特に忙しい年末の期間はなかなか年賀状まで手が回らず、ゆっくり休みたい大晦日に年賀状を書きに追われてしまうこともよくあります。

メールであれば1枚ずつ年賀状を書く必要がなくなり、また年賀状を購入する費用もなくなるのでより気軽に年賀状を出せるようになるのが魅力。特に最近は友人間ではメールやLINEなどの通信を利用して年賀状を出す人が多くなり、簡略化されている様子をよく見ることができます。いろいろと忙しい現代人にあった方法が年賀状メールなのかもしれません。

相手への負担も減る

もし、相手が年賀状をメールで出すことを通常のこととしている場合、年賀状を紙媒体でもらうと「どうやって返信しようかな?」と迷ってしまうことがあります。大体の人はメールで済ませてしまっているので、改めて年賀状を購入して手書きで記入するのは忙しい年始の期間中は大きな手間にかんじてしまうのが問題。

そういった場合にも年賀状をメールで送るメリットを感じられます。年賀状をメールで送ることによって「年賀状を買って送らなければならない」という負担を減らすことができるのではないでしょうか。相手や自分のいるシチュエーションに合わせてメールを使い分けるのがおすすめ。状況によってしっかりと使い分けることで相手に失礼なく年賀状を送れます。

年賀状をメールで出す場合は失礼のないマナーが必要

メールで失礼、といった文章を添えるマナーを忘れずに

メールという手段は、通常の年賀状と比べるとどうしても簡略化した印象を与えていまいます。そういった簡略化した印象を与えないためには「メールにて失礼します」といったように一言そえておくと相手に対しても嫌な印象を残さないのではないでしょうか。

親しい友人に対するメールであれば大丈夫ですが、上司など目上の人に対する年賀状メールに対してはそういった配慮が必要になります。相手が年賀状をメールで送るタイプの人であっても、やはり目上の人に対して送る場合はメールで失礼します、の一言を入れておくことによって誠意が伝えられると言えるのではないでしょうか。

丁寧な文章を心がけるのがマナー

年賀状をメールで出すからこそ、丁寧な言葉遣いを意識することも大切になります。一年の大切な節目なので、今年もどうぞよろしくお願いします、という気持ちを伝えるためにいつも以上に丁寧な文章にしていきましょう。手書きの年賀状はそういった意味では一言を添えるだけで誠意を伝えられますが手打ちの文章だけのメールは丁寧さを心がけないと相手に失礼になることがあります。

相手から年賀状がきた場合にメールで返したい時は?

上司などから年賀状がきた場合にスマホメールで返すのは失礼

自分はメールで年賀状を出すのが普通になっていたとしても、会社の上司などから手書きの年賀状が送られてくることがありますよね。そんな場合に年賀状をメールで返すのはやはり失礼になってしまいます。

少し面倒に感じたとしても、目上の人から年賀状がきたらしっかりと返すようにしましょう。また、事前に目上の人から年賀状がくることがわかっている場合は先回りして年末に年賀状を作成し、年始には年賀状が先方に届くようにしておくのも社会人としてのマナーになります。

詫びる一言を入れるのがマナー

もし、親しい間柄の相手から年賀状が来てメールで返すことになってしまった場合も一言詫びる文章を入れておくのがマナーです。相手が時間をかけて年賀状を書いてくれたのですから、やはりこちらもそういう誠意に対してしっかりと答えていくことが大切。ちゃんとした理由を書けば相手もわかってくれると思うので、誠意が伝わるメールに仕上げていきましょう。

年賀状をメールで返す場合に添えておきたい一言の文例

年賀状がメールになった理由を書く

年賀状をもらったのに返信がメールになってしまった場合に添えておきたい一言のポイントは、メールになった理由を書くこと。「年末年始共に仕事や親戚関係の物事がたくさん積み重なり、結局はメールでの返信になってしまってごめんなさい」といったように理由を一言そえておくと親しい間柄であれば「それだったらしょうがないな」とわかってくれます。

メールになってしまったことを誤っておこう

メールになってしまったことをしっかり謝ることも大切です。一言「ごめんなさい」「申し訳ないです」といったように添えるだけで気持ちを伝えられるので忘れないようにしてくださいね。

年賀状を出してもビジネスで年賀メールは出すべき?

年賀状を出している場合も年賀メールは出しておこう

年賀状を出している場合も、仕事が始まったタイミングで年賀のメールを出しておきましょう。今年も一年間、仕事においてよろしくお願いしますという気持ちを込めて簡単でも良いので年賀の挨拶をメールで出しておくと評価がアップします。

正月休み明けのタイミングでメールを送る

ビジネス状での年賀メールを送るタイミングは仕事始めでOK。仕事が始まらないとビジネスメールは見ないことがほとんどなので、そのタイミングで送るので大丈夫です。

ビジネスメールのマナーは?失敗しない送り方や書き方をご紹介! | MensModern[メンズモダン]

年賀状メールの件名の文例は?

簡潔に件名をまとめよう

年賀状メールの件名は簡潔でOK。「あけましておめでとうございます」「本年もどうぞよろしくお願いいたします」といったように年賀状で書く定番の言葉を件名に入れておけば、年賀状のメールだとわかりやすくなります。

名前や社名も入れておく

「あけましておめでとうございます(田中◯◯)」といったように後ろにカッコをつけて名前も入れておきましょう。また、相手が社外の取引先などであれば(社名+名前)といったように自分の社名も入れておくと良いのではないでしょうか。

上司や先輩に送る場合の年賀メールの文例

昨年の感謝の気持ちを伝える

「あけましておめでとうございます」からはじまり、「昨年は大変お世話になり、ありがとうございました」といったように昨年、たくさんお世話になったことを相手に対して感謝する気持ちを伝える言葉からはじめましょう。昨年の思い出も簡単に書いておくと印象がアップします。

今年もよろしくお願いします、で締めくくる

「今年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」といったように今年もよろしく、という気持ちも伝えましょう。また、仕事関係の人の場合は今年もますます仕事を頑張る、といった言葉を添えると良いのではないでしょうか。

友人に宛てた年賀状メールの文例

相手の様子を聞く

友人の場合は「あけましておめでとう!」といったようにフランクに始まり、「お互いに忙しくてご無沙汰になってしまったけれども、元気にしている?」といったように相手の近況を聞くようにしましょう。近況を聞くことによって親しみを感じられるようになります。

こちらの近況もしるして締めくくる

「仕事を頑張りながら、今年は結婚も視野に入れていきたいなと思っています」といったように自分の近況も入れておきましょう。「今年こそはまたみんなで飲みに行こう!」といったように今年も関係を続けていきたいという気持ちを書き、「お互いに一年、また良い方向へ行けるように頑張ろう」と今年の抱負も語りながら締めくくります。

スマホでも失礼のない年賀状メールをチェックしよう!

年賀状をメールで送る場合は、それなりの配慮が必要になります。相手に対して失礼にならないようなマナーをしっかりチェックしながら誠意が伝わる年始の挨拶にしてくださいね。


評価 4.8/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ