仕事でノートを使っている時に付箋を使う時がありますよね?付箋はそれ以外でも連絡に使ったり、一時的な利用がほとんどでしょう。しかし付箋には様々な使い方がありますし便利な面があります。今回は仕事に活用できる付箋ノートの作り方を紹介します。

付箋ノートの作り方は?見た目スッキリ仕事活用編【効率UP】

目次

  1. 付箋ノートの良いところ・悪いところ
  2. 付箋ノートの仕事活用術①:情報整理
  3. 付箋ノートの仕事活用術②:アイデアの書き出し
  4. 付箋ノートの仕事活用術③:スケジュール帳
  5. 付箋ノートの仕事活用術④:ToDoリスト
  6. 付箋ノートの仕事活用術⑤:インデックス
  7. テープ付箋やマスキングテープも付箋ノートにおすすめ!
  8. ユニークな付箋を使って独特でおしゃれな付箋ノートに!
  9. オリジナル付箋ノートを作ろう!
  10. 付箋ノートの仕事活用術のまとめ

付箋ノートの良いところ・悪いところ

付箋ノートとは、ノートをとる際に直接書き込まず付箋に書き込んで貼りながら作るノートです。良いところはノートに直接文字を書き込まないのでやり直しが何回もできる点と後で自由に並べ替えたり整理整頓できたりする点、小さい枠に文字を書き込むので自然と要点を押さえることができるようになり、理解度が深まります。

頭の中の整理ができますし、不要になればすぐ捨てることができるのでメリハリがつきます。悪いところは付箋は粘着が弱いものが多いので、付箋がノートから落下したりして紛失する点と通常のノートを使うと付箋を貼り付ける分ノートが分厚くなってしまう点です。また付箋を使う分、多少費用がかかります。

付箋ノートの仕事活用術①:情報整理

付箋ノートの仕事での活用術として大事なことの1つ目は情報の整理です。しかし綺麗なノートの作り方を意識する必要はありません。仕事で気になったこと、わからなかったこと、興味のあったこと、頭の中で浮かんだことを忘れないようにすることなどをとりあえず付箋に書き出しましょう。メモを取るという感覚で付箋に書き込めば良いでしょう。

大きさの違う付箋を使ったり、大見出しと小見出しで付箋の色を分けたり、カテゴリやジャンルに分けて付箋をノートに貼り付けると作り方としてはまとまりが出てきます。付箋に書いたことをノートに貼り付ける際に時系列で並べ替えてストーリーを作るようにすれば効率よく付箋ノートが作成できるしょう。

付箋ノートの仕事活用術②:アイデアの書き出し

会議(ブレスト)やプロジェクト、ミーティングにおいても付箋ノートを効率よく活用すれば時短やまとまりのある議事録の作り方の術となります。主なキーワード、大まかな進行、複数の人間の意見などを書く付箋をそれぞれ決めておいて、付箋ノートとしてまとめておけば新しいアイデアの発見に繋がる可能性が出てきます。

会議での効率的な付箋の活用術としては、会議のファシリテーションを担当する人が「結論を出す」のではなく「参加者が納得する」いわゆる「合意形成型の会議」の実現に役立ちます。例えば、意見を求める時に挙手制にすると会議のテーマについてよく知っている人やえらい人の意見が採用されがちになって意見が極端化してしまうケースがあります。

そういう時に挙手制にするのではなくファシリテーションを担当する人が付箋を参加者全員に配って、時間を少し設けて意見の抽出を行うのです。こうすることで全員参加が実現できますし、同時に全員から様々な角度の意見を集められます。また、集めた付箋をホワイトボードに貼り付けてノート代わりにすると参加者全員と意見を共有できます。

付箋ノートの仕事活用術③:スケジュール帳

スケジュール帳に付箋ノートの活用術は仕事においてもプライベートにおいても効率的です。まず、スケジュール帳での付箋ノートの作り方として仕事とプライベートで使う付箋は分けましょう。仕事での活用術として予定の重要度や遡及性で付箋の色分けをしたり使う付箋を分け、とりあえずスケジュール帳に貼り付けていきましょう。

付箋ノートにすれば予定の変更に対して柔軟に修正できますし、スケジュール帳の各ページのスペースを増やすことができます。予定が消化したら剥がして捨てることで無駄な確認も減るでしょう。日時のハッキリしていない不確定な予定に関しても付箋ノートを使えば、決定した時に付箋を移動させるだけで済みます。

付箋ノートの仕事活用術④:ToDoリスト

ToDoリストというのは簡単に言えば「やること(タスク)リスト」です。付箋ノートでの作り方は毎日、本日中、今週中、今月中などのToDoリストを色や大きさの違う付箋に分けて作成します。付箋であればイレギュラーなタスクの発生にも柔軟かつ効率的に活用できます。最初のうちはタスクは付箋1枚につき1つがいいでしょう。

ToDoリストの中に「休憩してもいい」といったタスクを盛り込むことも仕事を効率的に進めるには良い1つの手です。集中力の持続はとても難しいのでメリハリのつけやすい作り方と言えるでしょう。最近では100円均一ショップでもToDoリストが予め印刷されたものや1つのタスク毎に切り取り線のあるものもあるので自分に合うものを効率よく活用しましょう。

付箋ノートの仕事活用術⑤:インデックス

仕事でノートを使っている時にどのページに何を書いたか忘れてしまったり、過去にノートに書いた内容が必要になる時があります。そんな時にも付箋は効率的に活用できます。それがインデックスとしての活用です。色分けされた付箋に内容別で書き込んでノートに索引を作る方法です。この場合は客先・社内・会議などといったところでしょう。

この時に付箋の使い方は本使用でも仮使用でも構いません。仮で付箋を使って本使用の時はインデックスシールでも良いです。ただ、付箋を本使用として使いたい場合、紙の付箋は時間経過で巻かれて書いた文字が読めなくなるので、インデックスの形をした付箋や巻かれることのないフィルム付箋を使うようにしましょう。

テープ付箋やマスキングテープも付箋ノートにおすすめ!

付箋は基本的に一部に弱粘着の糊が塗布されていて剥がしやすくなっています。強粘着の付箋もありますが、それでも剥がれることが心配な人には糊が全体に塗布されているテープ付箋やマスキングテープがおすすめです。好きな長さで切ることができ、字も書くことができ、何より全面粘着によって剥がれたり落ちたりしない魅力があります。

マスキングテープはおしゃれなものが多く、付箋ノートをおしゃれに仕上げることに向いています。テープ付箋はデザインはシンプルでもマスキングテープより厚みがあるので字がしっかり書けます。またこの2つは長期間に渡るタスクであれば長めに切ってスケジュール帳に貼ることで書き込みが1度で済んだり、修正テープ代わりとしても使えます。

ユニークな付箋を使って独特でおしゃれな付箋ノートに!

付箋といえばポストイットのようなシンプルな物が主流ですが、中には様々なイラストやキャラクターが描かれたもの、パラパラ漫画やノートのデザインをしたもの、人物のキャラクターにふきだしが付いたもの、動物のシルエットやイラストが描かれたものがあります。他にもToDoリストや透明素材のもの、形がユニークなものや罫線の引かれてるものがあります。

このようなユニークな付箋は今では100円均一ショップにもあるほどです。もちろん文房具専門店やロフトのような雑貨店にもあります。おしゃれな付箋ノートを作りたい人は使う付箋の種類をある程度絞りましょう。動物なら動物のデザインの付箋ばかりを使ったり、文房具系のデザインの付箋で固めたりすることでまとまりを表現できます。

オリジナル付箋ノートを作ろう!

付箋ノートの作り方として重要なことノートはキャンバスのようなものと考えることと付箋は絵の具のようなものと考えることです。ノートは書く為にあるものですが書く為の物だけではありません。付箋ノートは作り方の自由度が高く、ノートに使われる材質にこだわらなくていい点も人気の理由と言えるでしょう。

様々な付箋を駆使して自分にとって活用しやすく、効率的なオリジナルのノート作りができます。これまで様々なノートを使ってきて効率の悪さや活用しにくい面を感じていたならば、今回紹介した仕事面での付箋の活用術を実践してオリジナルの付箋ノートの作成をすることで仕事効率アップに繋げるようにしましょう。付箋ノートにはそれだけ可能性があります。

ノートの使い方で趣味やビジネスもおしゃれに!モレスキンのノート活用法 | MensModern[メンズモダン]

付箋ノートの仕事活用術のまとめ

付箋の先駆けとなったポストイットの発売以降、仕事において付箋が使われることが多くなりました。主な使用用途はメモや連絡といったものでしたが、ノートに使ったり会議に使われたりすることも多くなってきました。今回紹介した付箋ノートの作り方や活用術を使えば仕事の効率が上がることはまず間違いないでしょう。

仕事と一言で言っても様々な職種や業種があります。その中で自分に合うノートというのは簡単に見つからないものです。そういう時も付箋ノートがおすすめと言えるでしょう。幸い、SNSが発達した現在では色々な人がオリジナルで作った付箋ノートを写真付きで公開してくれています。参考にしながらオリジナルの使いやすい付箋ノートを作り上げていきましょう。

ノートの書き方紹介!ビジネス・勉強におすすめ方眼ノートの賢い活用術 | MensModern[メンズモダン]
ノート術でデキる人に!すぐに実践できるシンプルに整理するワザ紹介 | MensModern[メンズモダン]

評価 3.9/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ