充電など車で何かと使うシガーソケット。そんなシガーソケットをうまく活用すればコンセントとして使うこともできるのだ。しかし、うまく活用するためにはシガーソケットの変換用品などが必要。そこで今回は、コンセントとして使う方法と変換用品を紹介しよう。

シガーソケットをコンセントとして使うには?おすすめの変換用品を紹介!

目次

  1. スマホやパソコンは車の周辺機器になりつつある
  2. 車の中でコンセントを使うにはシガーソケットがキーアイテム
  3. コンセントに利用?そもそもシガーソケットとは
  4. まずはシガーソケットの増設に便利なソケットを紹介
  5. シガーソケットをコンセントに活用する!おすすめの変換用品を紹介!
  6. 機能も豊富強力インバーター「BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器」
  7. 車内で3電源が使える!「BAL (大橋産業) 3WAYインバーター 120W」
  8. USBポートも使えて便利!「BESTEK カーインバーター 200W シガーソケット 車載充電器」
  9. 家電製品も使える「修正波インバーター1500W 瞬間最大出力3000W 入力DC24V」
  10. ジュースホルダーにコンセントを!「セイワ/SEIWA:ボトル型インバーター 家庭用コンセント USB DC12Vソケット」
  11. 幅も取らないコンセント「DC AC インバーター 150W (12V-110V) パワーインバーター 充電器」
  12. コンセントの中でもコスパ最高「インバーター コンパクト PI-100DU dc ac インバーター」
  13. 距離があっても電源がとれる!「カシムラ セパレートインバーター DC+AC 2口+USB」
  14. 変換用品購入時は注意も必要!
  15. 自分の使い方にあった最適なものを選んで快適な空間を作ろう

スマホやパソコンは車の周辺機器になりつつある

スマホやパソコンを車で使うことはあるだろうか。今やスマホをカーナビ替わりに使ったり、ドライブレコーダーとして利用できるアプリは沢山ある。機種変更して必要なくなったスマホなどをカーナビ替わりとして使っている人も多いだろう。また、車中泊する人であれば、車内でパソコンが使えたらそれはそれで便利だ。

また、スマホをドライブ中のステレオ代わりになったりと、車での利用の用途は様々で、当たり前のようになっている。もちろん、運転中の使用は厳禁ではあるが、スマホは車の周辺機器になりつつあるといえるだろう。しかしそこでどうしても問題になるのが電源の問題。便利にはなるとはいえ、バッテリーが切れてしまえば使えない。

スマホにしてもパソコンにしてもタブレットにしても、カーナビなどに利用していればいずれ羽電池がなくなり使い物にならなくなってしまう。そのため、もしもの時のために、車内で充電できる環境を整えておく必要が出てきてしまうのは避けられない。快適なドライブ環境を作り、安心の設備を整えてこそ。

車の中でコンセントを使うにはシガーソケットがキーアイテム

そんな環境で有用なのがシガーソケットだ。知っている通り、シガーソケットは電源を取るのに最適なアイテム。専用のソケットを差し込んでしまえばシガーソケットがこれらの電源になるのだからとても便利。しかし、これらのソケットを利用するには専用の電源コンセントに変換するアイテムがいる。便利なそれらのアイテムを紹介していこう。

車の中でコンセントを利用するには、変換ケーブルと同時にほかのソケットに分岐させるアイテムも時には必要になるだろう。逆に言えば、シガーソケット周りの環境を整えれば、どんなものでも大半は電源が確保できるので、これらのアイテムを詳しく知っておけばかなり快適な車内を構築することができるはずだ。

コンセントに利用?そもそもシガーソケットとは

では、そもそもシガーソケットとは何なのかを見ていこう。もともとはシガーソケットはライターのためのソケットであった。喫煙人口の減少や禁煙傾向によって、だんだんと軽視されるようになり車への搭載車も少なくなって着てはいるが、年々電源供給用のアクセサリーが充実してきて、アクセサリーソケットとしての使用が主流になりつつある。

モバイル機器などの普及に合わせて、シガーソケットを活用できる便利なアイテムや、楽しいグッズも増えており、中でもコンセントやusbなどの必要性が群を抜いて高いといえる。シガーソケット周りの設備でいうと、シガーソケットに差し込むだけで、簡単にアクセサリーソケットを増設できる増設ソケットといわれるもの。

スマートフォンなど、usbで簡単に充電できる専用機器のための出力端子を備えているシガーソケットチャージャーや、インバーターといわれるバッテリー電源を家庭用電源に変換し、家電製品などのコンセントの電源として利用できるもの。そして、車内のイルミネーションといったアクセサリー自体も増えている。

しかし、どのようなアクセサリーが増えても、それを使うための電源が必ず必要にはなるので、そのためのコンセントを増設するためのインバーターの存在は、もし家電製品などを使うのであればなくてはならない。

まずはシガーソケットの増設に便利なソケットを紹介

【コンセントに活用!シガーソケット増設ソケット①】ヤック リングライトソケット トリプル PZ-364

では、まずシガーソケット周辺のアイテムでシガーソケットを増設するアイテムを紹介していこう。これを使えば、例えばコンセントを作るのに使用してしまうと、他の接続機器にも使いたいときにシガーソケットがインバーターだけで埋まっているという状態は避けることができる。

一つ目に紹介するのが、このAmazonでベストセラーんも選ばれたことのあるシガーソケット増設アイテムだ。3つ口で複数の利用を同時に行えるのは言うまでもない。DC12V対応で、携帯やゲームなどの充電器、レーダー探知機、ポータブルナビゲーション等が使用できる。両面テープで好きな位置に固定でき、感ⓣ何接続で使用することができる。

【コンセントに活用!シガーソケット増設ソケット②】BESTEK シガーソケット3連 BTSA12

3連のシガーソケットと2つのusbポートも兼ね備えているソケットがこちらのシガーソケット増設アイテムだ。usbポートの最大出力は、左右共に2.1アンペアで、スマホやタブレットの充電まで、広くカバーしている。LEDランプで通電がわかりやすく、各ソケットのスイッチでオンオフの管理までできる。

ちなみに、シガーソケットの増設や複数口にそれぞれ機器を接続して充電などをしていると、車のバッテリーから電源を取っていることになるので、当然バッテリー上りが懸念される。そのため、それぞれの口にスイッチがあり、オンオフできる機能はバッテリー上りを防止する上でも大いに役立つ。複数口を利用する時の注意点も覚えておこう。

【コンセントに活用!シガーソケット増設ソケット③】BESTEK シガーソケット2連 MRS152UV

複数口が分かれていても、FMトランスリッターなどの大きなものを接続する時は接続した機器本体が邪魔になり電子機器の干渉が問題で接続できないケースも少なくない。そこで有効なのがこのシガーソケット増設アイテムだ。2連ソケットで、usbポートを搭載しているのだが、ソケット間の距離が離れている。

これにより、電子機器の機械的な干渉がなくなり何かと便利で使いやすい。もちろん、家庭用に変換できるので、各機器の充電から難なく行える。また、付属の延長コードでリアシートに設置することができる点もうれしい機能だ。

【コンセントに活用!シガーソケット増設ソケット④】カーメイト 増設ソケット ダイレクト3連ソケット

こちらも特徴的な形をしているシガーソケット増設アイテムだ。12V対応の製品で、ソケット部分を伸ばして設置場所を調整できるようになっている。シンプルにソケットを増設させたい時には、コスパも最高クラスなので利用の幅は広いだろう。

【コンセントに活用!シガーソケット増設ソケット⑤】ナポレックス イルミソケットD1 USB 2.4A

社内の雰囲気を考えて可愛くしたいというのであれば、このアイテムもおすすめだ。キャラクターの手が可愛くあしらわれており、コンパクトにまとまったシガーソケット増設アイテムになる。もちろん、usbポートもついており、ソケット周りのリングとケースが光る仕様になっている。

さらに、ソケット部分が0~90度の間で4段階で角度調整できるようになっている。これにより、細かなサイズにもかかわらず、どのような形の接続機器でもある程度場所も取らずに接続することが可能になっている。

シガーソケットをコンセントに活用する!おすすめの変換用品を紹介!

次に紹介するのがコンセントにできるインバーターだ。先に紹介した増設はあくまでもソケットの受け口を増やしただけで、これに接続してコンセントを作ることが必要である。コンセントを作るためのインバーターもたくさん種類があるが、直接つなぐのであればきちんと電圧を変換してくれるものを選ぶ必要がある。

また、当然コンセントようにシガーソケットを埋めればほかの危機が接続できないので、usbがあるのと無いのとでは便利さも変わってくることになる。これらのポイントを踏まえておすすめの変換インバーターを紹介しよう。電源を確保できれば、快適な車環境の出来上がりだ。

機能も豊富強力インバーター「BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器」

まず紹介するのが、usbポートを2つ、ACコンセントを2口備えているこちらのインバーターだ。家庭用電源い変換してくれており、なおかつusbポートも兼ね備えているので、複数同時に使うことができる。安心設計だ。どちらの受け口もiPhoneやiPad、またパソコンなどの急速充電を可能にしており、安全性についても高い性能を誇る。

出力オーバー保護や出力ショート保護、異常音度保護など各種保護性能もついているので、車で万が一の異常動作が起こらないような設計になっている。また、静か冷却ファンを搭載しているため、本体の温度が高くなると、自動で冷却ファンが作動し本体の温度が低くなると止まる仕組みになっている。操作も簡単で差し込めばすぐに充電が始まる。

車内で3電源が使える!「BAL (大橋産業) 3WAYインバーター 120W」

車内で3電源使えるのが特徴のインバーターになっており、おすすめの理由が電圧低下などを警告する機能面だ。先ほども言ったように、シガーソケットはバッテリーから電源を取っているものなので、例え小さなusbでそこまで電気を食わないように見えていても、バッテリー上りは避けられない問題。

変換ソケットやインバーターを使用しているとこの問題は避けられないので、気づかないうちにバッテリー上りを引き起こしていたという問題になりかねない。そこでこのアイテムであれば、電圧低下などの問題が起こった時にアラームでお知らせしてくれるのだ。全部で7種類の保護回路を搭載しており、出力をカットしてくれる機能まである。

また、インバーターの異常な高電圧が出力された場合、バッテリーの保護のために出力をしないなど、万が一のトラブル時でもコンセントから不正な出力をしないためのセキュリティがしっかりしているのも安心に役立つ機能で、安全な環境を作ってくれるのでおすすめだ。

USBポートも使えて便利!「BESTEK カーインバーター 200W シガーソケット 車載充電器」

AC今s年と3口とUSBポートが4口もあるタイプになるこちらのアイテムは、特に仕事でパソコンを使ったりカメラを使う人におすすめのインバーターになる。どうしても、パソコンなどのコンセントを取ってしまうと、口がすくなタイプでは、スマホなどを同時につかえなかったり、カメラやビデオなどを同時に使うこともあるだろう。

そんな時にコンセントを使用する場面が多くなれば多くのコンセント口が必要になるもの。そんなタイミングでもこのアイテムであれば、多くの機器を同時に利用できる。また、ノートパソコンにも安心して使用できる正弦波を出しているので、誤作動や故障の心配もない。忙しいビジネスマンにはよい相方になってくれるはずだ。

家電製品も使える「修正波インバーター1500W 瞬間最大出力3000W 入力DC24V」

パソコンやスマホ、あるいはカメラなどの仕事で使用する場面を上記でも合紹介したが、車のバッテリーから取るのは何もこれだけではない。時には家で使うような家電の電源も車のコンセントから取ることもあるだろう。キャンプなどをするアウトドア好きの人であれば、こういったシーンも想定されるはずだ。

そんなときでも車のバッテリーを交流の100V電圧に変換し、家電製品にも使用できるコンセントがこちらのアイテムになる。緊急時や災害時の備えとしてもおすすめだ。ほかの製品と比較してみると少々価格が高いようにも感じるが、それだけ高性能な製品になっている。高性能で災害時もカバーしてくれることを思えばかなり強力な味方になるだろう。

ジュースホルダーにコンセントを!「セイワ/SEIWA:ボトル型インバーター 家庭用コンセント USB DC12Vソケット」

車でコンセントを利用できるようにするには、道具は様々あるが、そこで問題になるのがコンセントの置き場所だ。車の設備は整っても、車内がどんどん狭く感じて不便な環境になるのであれば、少し利用しにくい状況になってしまう。そこで考えられたのがスペースの効率化だ。

このアイテムであれば、置き場所に困ってしまっても、うまく収納してくれる。その収納場所とは、車のジュースホルダーだ。コンセントがボトル型になっているので、ジュースホルダーにぴったりのサイズではめ込むようになっている。シガーソケット、usb、AC100Vのコンセントの3種類の電源をまとめて出すことが可能だ。

幅も取らないコンセント「DC AC インバーター 150W (12V-110V) パワーインバーター 充電器」

こちらも機器の大きさが気になる人におすすめのコンセントになる。車の中で多くの危機と接続しておくと、どうしても車内に圧迫感を感じてしまうことだろう。コンセント側をどうにかしてコンパクトにしたいというのであれば、こちらのアイテムがおすすめだ。

場所を取ることなく友好的にシガーソケットをコンセントに変換できる。また、冷却ファンを備えた構造で、熱対策も万全なので、万が一の時でも電子機器をしっかりと守ってくれるのがうれしいポイントだ。サイズは手のひらサイズなので、車を乗り替えて利用する際でも邪魔にならず、対応にも困らないだろう。

コンセントの中でもコスパ最高「インバーター コンパクト PI-100DU dc ac インバーター」

車の中でコンセントが取れ、なおかつusbが取れることは確かに便利だが、しかしあまり利用頻度は多くない。そんな少ない利用のためだけに、甲かなものを購入するのは悩むという人には、コスパがいいものを選びたいだろう。そこで価格も比較的安めでしっかりと家庭用電源とusbも対応したものがこちらのコンセントだ。

とにかく低価格が特徴で、他の製品に比べて圧倒的に安い。コンセントを使用するためだけに特化したものなので、シンプルな構造で、他の危機はいらない場合や、あまり長時間使わないのであれば、こちらの製品で充分対応することができる。

距離があっても電源がとれる!「カシムラ セパレートインバーター DC+AC 2口+USB」

シガーソケットをコンセントにするというと、シガーソケット周りで危機を接続することを想像する人は多いだろう。確かに、あまり距離が離れたところではシガーソケットを利用している分、電源を供給しながら機器を利用することはできない。しかし、使用する家電によっては、シガーソケットとコンセントを別の場所で使用するケースもあるだろう。

しかし、オールインワンタイプの製品ではその分コードを延長しなければならず、わざわざ用意するのはめんどう。そこでおすすめなのがこのシガーソケットから距離を置いた状態でもコンセントができるインバーターだ。ワンボックスタイプの大きな車でも十分電子機器を使用できるようになっている。もちろんusbポートも備えている優れものだ。

変換用品購入時は注意も必要!

家電製品を利用する時にも、また同時に充電をするためusbが必要になる際にもインバーターは確かに便利だ。しかし、注意もある、それが先ほども言ったバッテリーの問題と、シガープラグ内のヒューズの断線問題だ。既定の容量を超えるとシガープラグ内のヒューズが切れてしまうのだ。

携帯端末の充電や、ノートパソコン、テレビやDVDプレーヤーやゲーム機などは基本的に使用できるが、ドライヤーや大型の扇風機、電気毛布などやモーターを使用している家電製品に関しては使用できない可能性がある。これらを無理に使用しようとするとヒューズが切れる可能性があるのだ。

usbなどもあってついつい同時に利用してしまいがちだが、車中泊などで必要になるドライヤーなどは電力が高いので、使用できない可能性が高い。使用できる範囲はインバーターによっても違うので、購入時にどの程度に対応でき、自分の使い方に合っているものかどうかを調べておく必要があるだろう。

モバイルバッテリーのコンセント付きでおすすめは?一体型・内蔵型など紹介 | MensModern[メンズモダン]

自分の使い方にあった最適なものを選んで快適な空間を作ろう

シガーソケットのコンセント利用といってもインバーターや増設設備は沢山ある。これらの設備は、しっかり機能を持っているものが必ずしもいいわけではない。自分の使い方も踏まえたうえで考えなければならない。仕様上どうしてもバッテリーやヒューズの心配はある。それらの点もしっかり調べておすすめの中から選んでみてほしい。

シガーソケットの増設方法は?おすすめアイテムや取り付け方紹介 | MensModern[メンズモダン]

評価 3.9/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ