日本を代表する社会派ミステリー作家である松本清張の、おすすめ作品をランキング形式でご紹介します。テレビドラマ化・映画化された作品がとても多いですが、原作の小説も大変魅力的です。ぜひこの機会に、松本清張の小説に触れてみて下さいね。

松本清張おすすめ作品ランキング!ドラマ化された名作揃い!

目次

  1. 多くの名作を生みだした松本清張
  2. 松本清張の作風は
  3. ノンフィクションの作品集「昭和史発掘」
  4. サスペンス短編集「黒い画集」
  5. 処女作の時代小説短編集「西郷札」
  6. 歴代女優が演じる「黒革の手帖」
  7. 医療サスペンス「わるいやつら」
  8. 渦巻く人間の欲望を描く「けものみち」
  9. 芥川賞受賞の名作「或る小倉日記伝」
  10. 大物女優の豪華映画化「ゼロの焦点」
  11. 社会派ミステリーの名作「点と線」
  12. ドラマにも映画にもなった傑作「砂の器」
  13. 【番外編】実際の事件を扱った作品は他にも
  14. 多くの名作が映像化されている!
  15. 松本清張作品、読んでみたくなりましたか?

多くの名作を生みだした松本清張

松本清張は、普段本を読む習慣のない人にもその名を知られたとても有名な小説家です。1951年、41歳で直木賞候補となった「西郷札」でデビューし、二年後の1953年に「或る小倉日記伝」で芥川賞を受賞しました。

多くの作品が映像化されているため、小説を読んだことが無くても、映画やドラマで松本清張作品に触れたことがある人は多いでしょう。

絶対に読むべき本はどれ?大学生におすすめの自己啓発本や小説を紹介 | MensModern[メンズモダン]

松本清張の作風は

松本清張は、社会性の強い題材を扱った名作を多く生み出し、「社会派推理小説」と呼ばれる作品ジャンルを開拓した名小説家です。松本清張が書くミステリーは、それまでミステリーの定石であったトリック重視の作品ではなく、読む人を引きこむ人間ドラマが描かれています。これはミステリー界において革新的なことであり、推理小説の読者の幅を大きく広げた事でしょう。

また、実際に起きた事件を取り扱ったノンフィクション作品も精力的に発表していました。松本清張は1992年に死去するまでの作家生活において、実に700以上もの作品を生み出しており、生涯をかけて作家活動を続けた日本を代表する小説家だといえます。

ここでは、松本清張の手掛けた名作の数々を、おすすめのランキング形式で発表します。松本清張の作品はとても数が多いため、ここでご紹介できるのはほんの一握りです。有名な代表作から、名前は知られていない良作まで、様々な松本清張作品の魅力に触れて下さいね。

面白い本・小説おすすめランキング!名作・定番から最新の人気まで! | MensModern[メンズモダン]

ノンフィクションの作品集「昭和史発掘」

松本清張のおすすめ作品ランキング第10位

「昭和史発掘」は、松本清張が第一回吉川英治文学賞を受賞したノンフィクションの作品集です。松本清張はその作家人生において、様々な形で実在の事件を題材にした作品を発表しました。フィクション形式で描かれた作品や、評論風に描かれた作品、作中に論文を引用する形式の作品もあります。

「昭和史発掘」も、様々なスタイルによって昭和時代の実際の事件を描いています。「陸軍機密費問題」「石田検事の怪死」「朴烈大逆事件」「二二六事件」などの事件や、「芥川龍之介の死」についても解説をするなど、内容は多岐に渡ります。

膨大な資料を基にし、事件関係者への綿密な取材を行った上で描かれる作品たちは、まさに昭和の時代に残された謎と真実を発掘する、松本清張の代表作だといえるでしょう。

小説おすすめの恋愛編。人気の大人向けロマンス・恋愛小説15選 | MensModern[メンズモダン]

サスペンス短編集「黒い画集」

松本清張のおすすめ作品ランキング第9位

「黒い画集」は、松本清張の短編小説集です。「遭難」「証言」「坂道の家」「天城越え」「寒流」「紐」「凶器」「濁った陽」「草」「失踪」の10篇からなり、どれも松本清張の緻密な心理描写やトリックが光る名作です。

日常生活の隣に潜んでいるような人間関係のねじれや欲望を描き出していて、読者を強く引きこむ作品ばかりです。映画化、テレビドラマ化された作品も多くあります。

小説の名作を読もう!日本・世界の名作小説おすすめ100選 | MensModern[メンズモダン]

処女作の時代小説短編集「西郷札」

松本清張のおすすめ作品ランキング第8位

「西郷札」は松本清張のデビュー作であり、西南戦争を舞台にした時代小説です、12編の時代小説を集めた作品集になっており、それぞれに登場人物の生きる姿と、歴史を反映した世界観が読者の心を掴む作品です。

小説ファンタジー作品おすすめ20選!異世界の魅力・人気の名作たち | MensModern[メンズモダン]

歴代女優が演じる「黒革の手帖」

松本清張のおすすめ作品ランキング第7位

「黒革の手帖」は松本清張の代表作の一つである長編小説です。銀行員の女性が巨額の金を横領することによって銀座のクラブのママへとなり上がり、欲望の渦巻く銀座の世界で野望を追っていくストーリーで、松本清張は執筆にあたって実在の銀座のバーを取材し、ホステスたちの話をよく聞いたといいます。

「黒革の手帖」は何度もテレビドラマ化されているため、小説は読んだことが無くてもテレビで知っているという人も多いでしょう。最近では、2004年に米倉涼子主演でテレビドラマ化、2017年位武井咲主演でテレビドラマ化されたことが記憶に新しいですね。

小説のおすすめ30選!ミステリー・ファンタジーから感動名作まで | MensModern[メンズモダン]

医療サスペンス「わるいやつら」

松本清張のおすすめ作品ランキング第6位

「わるいやつら」は、登場人物の誰もが欲と裏切りにまみれていて、悪人同士の化かしあいが読者を引き込むサスペンス作品です。犯罪に手を染める医師と、それを取り巻く人々の関係性を描いています。松本清張ならではの綿密な心理描写とドラマを楽しめるおすすめの作品です。

村上春樹の名言集!小説よりぬき!恋愛にも役立つ名言まとめ | MensModern[メンズモダン]

渦巻く人間の欲望を描く「けものみち」

松本清張のおすすめ作品ランキング第5位

「けものみち」は、松本清張の社会派サスペンス代表作の一つといえる有名な作品でしょう。病気の夫を養うために懸命に働いていた主人公が、男に心を奪われることにより悪女へ豹変していくストーリーが秀逸で、人間の欲望が渦巻くドロドロとした世界が描かれています。

タイトルは、戦後の日本の権力構造に飲まれて「けものみち」に迷い込み、運命を大きく変えていく登場人物を表しています、1982年には名取裕子主演でテレビドラマ化、1991年には十朱幸代主演でテレビドラマ化、2006年には米倉涼子主演でテレビドラマ化されています。

歴史小説おすすめ12選!初心者も読みやすい幕末&戦国時代モノは? | MensModern[メンズモダン]

芥川賞受賞の名作「或る小倉日記伝」

松本清張のおすすめ作品ランキング第4位

「或る小倉日記伝」は、松本清張が芥川賞を受賞した作品です。神経障害を抱えた主人公が、小説家・森鷗外の作品に感銘を受けて、森鴎外が小倉で過ごした日々をつづった「小倉日記」を完成させようとする様を描いています。

主人公が苦難に耐えながら初志を貫く姿が読者の心に響きます。また、主人公の死後に明らかになる事実は読者に大きな衝撃を与えます。

夏目漱石のそれからは映画化もされた名作!あらすじを紹介!【ネタバレ】 | MensModern[メンズモダン]

大物女優の豪華映画化「ゼロの焦点」

松本清張のおすすめ作品ランキング第3位

「ゼロの焦点」は、松本清張作品の中でも映像化された回数が多く、松本清張の代表作といえる作品でしょう。終戦直後の日本において、当時の社会における女性の姿をリアルに描いています。見合い結婚をした夫が行方不明になり、その行方を追う妻が主人公になったストーリーです。

「ゼロの焦点」はこれまでに2度の映画化、6度ものテレビドラマ化がされています。2009年には、広末涼子・中谷美紀・木村多江ら豪華な女優陣と犬童一心監督によって映画化され、第33回日本アカデミー賞作品賞と他1部門で優秀賞を受賞するという快挙を成し遂げています。

夏目漱石のこころ!解説・あらすじを紹介!代表作・名作を読み解いてみる | MensModern[メンズモダン]

社会派ミステリーの名作「点と線」

松本清張のおすすめ作品ランキング第2位

「点と線」は、松本清張の代名詞ともいえる「社会派ミステリー」の先駆けとなった代表作です。松本清張は社会的な問題に切り込む多くの作品を生み出した小説家ですが、この「点と線」もまさに「汚職問題」という社会的な闇を題材にした名作となっています。

ベテラン刑事と若手刑事のコンビネーションによって進んでいく捜査の描写はリアリティが光っています。また、点と線といえば、東京駅のホームでのアリバイトリックが有名です。「一日の中でたったの4分間だけ、電車の位置によってホームが見渡せる」という条件を利用したアリバイトリックは、読者を圧倒します。

司馬遼太郎おすすめ作品ランキング!読んでおくべき代表作・名作 | MensModern[メンズモダン]

ドラマにも映画にもなった傑作「砂の器」

松本清張のおすすめ作品ランキング第1位

松本清張のおすすめ作品ランキング第1位としてご紹介するのは「砂の器」です。大変有名な作品であり、松本清張の最高傑作ともいえる代表作です。連続殺人事件を捜査していく刑事のストーリーを通して、人の命の重さと、ハンセン病患者に対する差別の問題を描いた作品です。

テレビドラマ化も映画化もされているので、映像作品で観て知っているという人も多いでしょう。しかし、松本清張の原作の「砂の器」には、映像作品では広い切れない心理描写やドラマがありますので、ぜひ小説を読むことをおすすめしたい作品です。

漫画の巨匠・手塚治虫の作品ランキング!おすすめや人気のある名作は? | MensModern[メンズモダン]

【番外編】実際の事件を扱った作品は他にも

原因不明の事件に迫った「風の息」

「風の息」は1952年に伊豆大島に日航機もくせい号が墜落した事件を題材にして書かれています。この事件では37名の乗客乗員全員が死亡しており、その中には八幡製鉄の社長であった三鬼隆氏や、漫談家の大辻司郎氏などの著名人も含まれていました。

伊豆大島の三原山噴火口付近で、大破した機体は発見されたものの、事故の詳しい原因は特定されていません。事故当時日本はアメリカの占領下にあり、飛行機事故の記録などのデータは一切日本側には公開されませんでした。

朝鮮戦争のさなかに起こったこの飛行機事故には、GHQが関わっているのではないかという疑いの声もあり、松本清張自身も小説を通して事故への疑問を投げかけています。小説はフィクション形式の推理小説として書かれていますが、作品の背景には実際に発生した飛行機墜落事故への疑念があるのです。

長編推理小説の名作「黒い福音」

「黒い福音」は、1959年に起きたBOACスチュワーデス殺人事件を題材にした長編推理小説です。この事件は、英国海外航空(現在のブリティッシュ・エアウェイズ)の日本人スチュワーデスが東京都杉並区で遺体となって発見された事件で、犯人は捕まらないまま時効が成立しています。

終戦後のカトリック教会を舞台にした本作は、一部は事件の過程や背景を描く犯罪編、二部は刑事たちによる操作を描く推理編となっています。松本清張による熱心な取材により、作品には真実を示そうとするリアリティが生まれています。

「黒い福音」は、1984年に宇津井健、三浦友和、片平なぎさ、五月みどりらをキャストにしてテレビドラマ化されて世間の注目を集めました。また、2014年にはビートたけし、瑛太、竹内結子、木村文乃らをキャストにして再度テレビドラマ化されています。

流行語にもなった「日本の黒い霧」

「日本の黒い霧」は、戦後の日本において発生した様々な事件を題材にして、松本清張ならではの真に迫ったミステリアスなスタイルで描かれた作品です。「下山国鉄総裁謀殺論」「もくせい号遭難事件」「ラストヴォロフ事件」「ダイヤモンド」など、12の事件について描かれています。

作品のタイトルにもなっている「黒い霧」という言葉は、政界や財界の汚職事件や不祥事を表現する言葉として広く使われることになり、当時の流行語にもなりました。このような社会の悪や闇に、小説という文化によって切り込んでいくスタイルは、松本清張の真骨頂だといえるでしょう。

小説人気ランキング100!人気作家・面白い小説から泣ける小説まで | MensModern[メンズモダン]

多くの名作が映像化されている!

代表作の多くが映像化

松本清張の作品には、映画化やテレビドラマ化されているものがとても多いです。それだけ作品にファンが多く、作り手の完成を刺激する芸術性が高いのでしょう。ドラマや映画で観ると、映像によってストーリーが分かりやすくなったり、よりリアルな作品の雰囲気を楽しめますね。

ただ、約2時間のテレビドラマや映画、1クールのテレビドラマで世界観を表現するには、限界があるのも事実です。より深く松本清張の世界観を味わいたい人には、やはり原作の小説を読むことをおすすめします。

東野圭吾原作の映画とドラマ特集!おすすめの作品をランキング! | MensModern[メンズモダン]

松本清張作品、読んでみたくなりましたか?

代表作だけにとどまらず…

松本清張の作品を、おすすめランキング形式でご紹介してきました。代表作といわれる有名な作品だけでなく、名前が広く知られていない作品にも、多くの傑作があります。普段本を読む習慣がない人にとっては、分厚くて字が小さい文庫本はハードルが高いと思うかもしれません。

しかし、読み始めて小説の世界に引き込まれると、意外とどんどん読むことが出来るものです。松本清張の作品には難しそうなテーマが多いように見えますが、巧みな人間関係の描写や心理描写、リアリティのある状況描写によって、テーマの難しさ以上の面白さを味わうことができるはずです。

ぜひこの機会に、松本清張の名作を読んでその世界観を楽しんで下さいね!何から読んだらいいのか分からない…と迷う時には、映像化作品を観たことがあるものを選んでみると、分かりやすくて良いかもしれません。


評価 4.8/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ