笑える話は、気持ちも明るくしてくれます。テレビ番組でも、すべらない話の体験談が爆笑を招くといったように人気です。そこで笑えるエピソードを10個、まとめてみました。それぞれどこが笑いを招くのか、そのポイントについても分析しています。

笑える話まとめました!泣けるほど笑えるおもしろ話厳選10選!

目次

  1. 笑いのハードル
  2. 体験談?笑える話「良いニュースと悪いニュース」
  3. 共通してすべらない笑える話
  4. 同音異義語の笑える話が爆笑を誘う?
  5. 言い回しで笑える話
  6. ことわざの勘違いで笑える話
  7. 教訓になる笑える話
  8. 物の使い方に関する笑える話
  9. 質問への回答が笑える話
  10. 笑いに関するまとめ

笑いのハードル

「人志松本のすべらない話」は、長きにわたり人気を博しているテレビ番組です。タイトルに冠された「すべらない」という言葉は、標準語としての意味で使われていません。関西から使われ始めた「すべる」の用法の対義語としての「すべらない」です。

その「すべる」は、大阪などの関西圏で活動しているいわゆる上方芸人の間で使われ始めました。おもしろいであろうということを言って、それが笑いにつながらないことを言います。発祥はお笑いの世界ですが、すっかり一般にも定着しています。お笑いの言葉を使った「すべらない話」が冠されることで、笑える話のハードルは「おもしろい話」と言うよりも高くなるでしょう。

言ってみれば、「すべらない話」であることによって話にもより専門的なエッセンスが求められるといったところでしょうか。「すべらない」も「笑える」も、意味として大きな違いはありません。ただ笑える話は、すべらない話を求められるよりそこまでプレッシャーにならないはずです。

松本人志の名言集で爆笑!センスが光るボケから真面目な言葉まで! | MensModern[メンズモダン]

体験談?笑える話「良いニュースと悪いニュース」

笑える話の中に、アメリカンジョークの定番として「良いニュースと悪いニュース」というものがあります。厳密に言うと、この手の笑える話は聞き手の協力もあって成立するものです。最初に「良いニュースと悪いニュースがあってどっちを聞きたい?」と切り出すのですが、基本的にオチが悪いニュースとなるため聞き手は先に良いニュースを聞きたがることが正解となります。

ですからエピソードを笑える話とするためには、悪いニュースにおもしろいものを用意しなければなりません。体験談から話をふくらませるケースもよくあるのですが、インパクトのある体験談であることが求められるでしょう。

おもしろ話10選①離婚は良いニュース?悪いニュース?

奥さんが旦那さんに対し、「良いニュースと悪いニュースがあるの」と切り出しました。旦那さんは、「どっちでも良いから」と先を急かします。すると奥さんは、「あなたと離婚することにしたの」と口にしたのです。それに対して旦那さんは「もうひとつの悪いニュースは?」と尋ね、奥さんは言葉を失ったのでした。

つまり奥さんは悪いニュースとして離婚の決意を打ち明けたにもかかわらず、旦那さんはそれを良いニュースと受け取ったブラックな笑いというわけです。これが実際の体験談であると、笑える話では済まされません。笑ってしまうところが、「他人の不幸は蜜の味」といったところでしょうか。

おもしろ話10選②新車か身の安全か

新車を買ったばかりの友達と待ち合わせをしていたのですが、その友達は時間に遅れて現れました。そして、「良いニュースと悪いニュースがある」と言うのです。そこで「良いニュースを聞かせてほしい」と言うと、友達は「新車のエアバッグが問題なく作動して良かった」と答えたのでした。ここで話は終わり、あとは話の聞き手に委ねられることになります。

つまりエアバッグが作動したということは新車で事故を起こしてしまったのです。それが悪いニュースであるのですが、あえてそこまでを話さないことが笑いの話術ということになります。やはり、体験談としては非常に痛い話です。ですが、この組み立てに当てはめて体験談を披露すれば反応も違うでしょう。同じ体験談であっても、笑える話としてのグレードが違ってくるのです。

共通してすべらない笑える話

人が笑ってしまうポイントは、今も昔も変わっていないのかもしれません。そう考えると、人の感性は本質的にいつの時代もそう違うものではないのでしょう。

笑える話をまとめてみると、共通するエッセンスが盛り込まれているエピソードは少なからずあります。現代にまで遺されている古き時代の書物にも、笑える話は存在しているのです。

おもしろ話10選③東海道中膝栗毛の笑える話

江戸時代に十返舎一九が著した「東海道中膝栗毛」は弥次さん、喜多さんが旅する中で起こった笑える話をまとめた書物です。その中で、二人が川を渡ろうとしてお金を払って人にお願いしたエピソードがあります。

雨で増水しているという話で川を渡してもらったのですが、実は川には浅いところがあって人足はそこをあっさり渡って帰ったのです。高いお金を払い、二人は騙されたのでした。

おもしろ話10選④NASAの笑える話

NASA、アメリカ航空宇宙局のプロジェクトではじめて宇宙飛行士が宇宙へ旅立った際のことです。無重力の中にあって、ボールペンで字を書くことはできないとわかりました。そこでNASAの科学者たちは10年という長い年月、さらには実に120億ドルという多額のお金も費やして環境にかかわらず字を書くことのできるボールペンを完成させたのです。

ちなみに当時のソビエト連邦は、同じ状況下で鉛筆を用いたのでした。時代が異なるふたつの笑える話ですが、まとめてみると違った発想を持つことで簡単に解決することのできる事柄についてわざわざ高い代償を払って難しくしているのではないかということです。そこにある意味の滑稽さも感じられ、笑える話になるのでしょう。

同音異義語の笑える話が爆笑を誘う?

日本語には、同じ読み方で別々の意味を表す同音異義語がいろいろとあります。「台風一過」のことを「台風一家」であると思っていた、「汚職事件」の話題を「お食事券」と取り違えていたなどの勘違いで笑える話となり爆笑が起こった経験は誰でもあるのではないでしょうか。

これは、普通の勘違いであれば大いに爆笑しても問題ありません。ただ時には深刻なニュースなどでたとえば「死亡が確認されました」を「脂肪が確認されました」、「誤って転落」を「謝って転落」などと勘違いしていたとなると笑える話としても爆笑しにくいものです。

おもしろ話10選⑤お葬式で爆笑を我慢

腸に病変が見つかり、亡くなってしまった人のお葬式が行われました。お悔やみに駆けつけた一人が声をかけたのは、故人の息子さんです。病気について耳にした参列者は、「腸なんですか」と尋ねました。これを息子さんは、自分が「長男ですか」と尋ねられたのかと解釈します。これが、第一の「同音異義語」の勘違いです。そして疑問を持つことなく、「次男です」と返答しました。

すると参列者は、これを事もあろうに「痔なんです」と捉えたのでした。これが第二の勘違いであり、お互いに勘違いしながらも会話が成立してしまったのでした。聞く気もなしに会話が聞こえていた人たちにとっては笑える話でしかないのですが、場が場であるだけに爆笑するわけにもいきません。もっとも爆笑してはいけない場所で、人知れず笑いを我慢していたのでした。

言い回しで笑える話

日本語の表現には「言葉の綾」といったものもありますが、そういったところを汲み取ることができず直接的に受け止めてしまったときにも笑いは起こり得るでしょう。いわゆる「KY」な人に笑えるエピソードが多いことは、そのあたりに原因があるのかもしれません。

笑える話の中には、ちょっとした言い回しが災いしてトラブルへつながったというエピソードが少なからずあります。言葉を発した側にはまったく悪意がないにもかかわらず、意図せずトラブルになってしまうというところに笑える要素があるのです。

おもしろ話10選⑥親切が仇に?

妊娠中の女性が電車に乗った際、男性から席を譲られました。その男性は社章をつけていたのですが、なんとそれは女性の旦那さんと同じものだったのです。奥さんから話を聞いた旦那さんは、職場で改めてお礼をしたのでした。ここまでは普通に良い話で、笑える話ではありません。そして夫婦がめでたく赤ちゃんを迎え、夫婦は各方面へ報告するためのハガキを作りました。

その際、親切を受けた旦那さんの同僚にもハガキを出したのです。ところが奥さんの添えた一言が、トラブルを招くことになりました。「この子はあの時の子どもです」と記されていたハガキを見て、同僚男性の奥さんは見事に勘違いしてしまいます。良いことをしたはずが、修羅場になってしまったのでした。第三者としては笑える話ですが、ご本人にはたまったものではないでしょう。

ことわざの勘違いで笑える話

ことわざは、先人の知恵でもあります。ただ現代まで伝えられてきた中で、誤った意味でことわざを認識するようになった人も少なくありません。

文字にふれず言葉でだけことわざを聞いていて、それも勘違いの一因となります。そこから、笑える話が出てくるのです。

おもしろ話10選⑦わかりにくい?言葉が難しい?

よく耳にすることわざのひとつに、「情けは人のためならず」というものがあります。文字通りに受け止めれば「情けをかけることは人のためにならない」と解釈されますから、実際に誰かが困っていて「情けは人のためならずだからね」と突き放す人もいるわけです。

ところが実は、情けをかけることは人のためではなく後々自分自身に還ってくるものであるから自分のためという解釈が正解です。つまり、むしろ積極的に人に情けをかけるべきとなるでしょう。本来の意味を知っている人がドヤ顔で突き放している人を見れば、それは笑える話でしかありません。また、ことわざに使われている言葉も現代では一般的でないものが少なからずあります。

「果報は寝て待て」の「果報」は幸せ、運が良いといった意味ですが「家宝」と勘違いされがちです。「馬子にも衣装」にしても、かつて人に仕えて馬の世話をしていた「馬子」を「孫」と勘違いしている人は多くいます。意味がわかっていれば、間違ったことわざの使い方をしている人のことが笑えるでしょう。

教訓になる笑える話

笑える話の中には、人の失敗したエピソードがたくさんあります。自分自身でも、過去に失敗した話を昔の笑える話として披露している人は多いでしょう。

失敗から学ぶということもあり、そういった笑える話をまとめると教訓となるところもあるのです。失敗談の笑える所以は、共感であったり逆にあくまで他人事であると思っていたりという点にあるのかもしれません。

おもしろ話10選⑧子どもの買い物

かつて男性アイドルグループがローラースケート姿で歌い踊り、一世を風靡しました。それをきっかけに、ローラースケートが大流行したのです。そんな中、グループのファンだった3人姉妹の長女がお年玉でローラースケートを買いました。小学生で3,000円を出して、大変な買い物です。

妹たちはお姉ちゃんをうらやんでいたのですが、1年もするとローラースケートの値段は1,000円以下にまでなりました。妹たちは安くローラースケートを手に入れ、いつも面倒を見てまとめていたお姉ちゃんは釈然としなかったのです。普通に聞けば、「買い物あるある」の笑える話でしょう。それでも本人にとっては、大きなショックだったのでした。

物の使い方に関する笑える話

世の中には、さまざまな物があふれています。ですが、必ずしも本来の用途通りに使われているとは限りません。

自分だけの使い方をしている人とそれを知らない人との間では、当然ながらギャップが生じるわけです。そこに笑いが生まれるケースは、往々にしてあります。

おもしろ話10選⑨タオルの用途は?

生活の知恵として、ある物を別の目的で使うことはよくあります。そのひとつとして多いものが、タオルです。一口にタオルと言っても、フェイスタオルやハンドタオルなど種類はいろいろでしょう。それに、古くなったタオルを布巾として流用するなどのアイデアもあります。友達の家へ遊びに行く途中、にわか雨に降られてしまった人がいました。

濡れてしまい、到着後に洗面台を貸してもらうよう友達へ頼みます。タオルは洗面台の横にあるからと言われ、見てみると洗面台の横にたたまれたタオルが置かれています。その通りに身体を拭いたのですが、後で友達が確認すると使われたタオルは雑巾にしていてうっかり置き忘れていたものでした。本当は、洗面台の横にあるタオルがけにかかっていたタオルのことを言っていたのです。

質問への回答が笑える話

天然キャラと言われるような人は、ごくごく一般的な質問に対して思いもよらない奇想天外な回答をすることで爆笑を招くことがあります。そういったピントのずれた感覚が、笑える話になるのでしょう。

そのほか元からユーモアのセンスがあり、ウィットに富んだ切り返しをすることができる人もいるものです。意図的に笑える話を紡ぎ出すことができれば、それは快感にもなります。

おもしろ話10選⑩シリアスな質問に起こる笑い

残念ながら自殺者がなかなか少なくならない昨今、その方法として「飛び降り」という選択は少なくありません。ただそこで素朴な疑問があり、なぜ飛び降りる人が靴を脱いでいくのかということです。

現実には映像作品の表現によるところが大きいということで、本当にそうしている人はそこまでいないとも言います。そこでセンスのある回答としては、靴を履かないことと人の生命に関する儚さをかけて「はかない生命だから」といったものがあるでしょう。

笑いに関するまとめ

まとめれば、いろいろなタイプの笑える話があります。中には、大変だった話が笑いに変わる場合もあります。たとえばがんと診断され五年生存率が50%にも満たないとされていた人について、家族は本人に知らせない選択をしました。ところがそれを伝え聞いた親戚が、10年してからうっかりそれを本人の前で話してしまったのです。

とは言っても10年後のことであり、現に本人も元気に生きていたわけでそれは笑える話となりました。「笑う門には福来たる」と言うように、楽しい人生に笑いを欠かすことはできません。笑う機会が多いと顔の筋肉がよく動くため、たるみにくく肌の若々しさも保たれやすいそうです。

ただ誰かにとって笑える話でも、他の誰かにとって傷つくものである可能性はあります。あくまでも、みんなで楽しく笑える話をしましょう!

面白い都市伝説まとめ!怖いものから笑えるものまで話したくなるトリビア | MensModern[メンズモダン]

評価 3.8/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ